んばれば成功する」

すごく響きのよい言葉です。

確かに、どんな分野でも何の努力も無しに成功した人はいません。

しかし、そこには1つの誤解があるのです。


私たちはどうやって努力したらいいのか教わっていませんし、ただひたすら自分の力を出してがんばっても下手な鉄砲は数打っても当たらないのです。


つまり、努力や頑張りにも「原理原則」に基づいたものが必要なのです。

結果が得られる努力は、苦労を乗り越えるだけの価値があります。

どれだけがんばっても、的を射ない努力は報われません。

輝かしい人生を生きたいあなたへ伝えたいことがあります・・・

内定をとるためには、必要な事を学んで、やればいいだけの話です。

そして、必要な事は限られています。

 

スイッチを入れれば、誰もが、自動的に内定をとれるシステムを話します。

 

自動的に内定をとれるシステム?そんなことあるのか。

私が話す事は、私自身の実体験と、200人の就活生が成果を出してきた、効果の実証されたプログラムなのです。

「最も効率的で、簡単に内定をとる秘訣」を教えましょう。


アピールネタが無い。学歴が低い。やりたいこともよく分からない。

こんな自分が本当に就職できるのか不安で仕方ない。そう思っている、あなたに送る手紙です。この秘密はいつまで公開できるか分かりません。

 

「本気で就活をする」決意の無い人は絶対に見ないでください・・・


同じサークルのメンバーでもすぐに内定が貰える人と、不採用にされ続ける人がいます。


同じゼミの中でもすぐに内定が貰える人と、不採用にされ続ける人がいます。


同じ大学で何をやるにもいつも一緒だった性格の似た友人の2人でも、片方は複数の内定をもらい、もう一方は全く内定がもらえず就職浪人してしまう人がいます。

高学歴なのにどこからも相手にされず内定がもらえない人がいます。

一方で、低学歴なのに就活で逆転して一流企業に内定する人もいます。

一体、成功する人と、失敗する人では何が違うのでしょうか?

たとえば、あなたは「お茶」が欲しいとします。

コンビニでは何種類ものお茶がおいてありますよね。

その中から、何を基準に選びますか?

値段、味、健康、ブランド、パッケージ、知名度、色々ありますが、それぞれ「違い」があるから選べるのです。

もし、全部同じだったら選びようが無いですよね。

「違い」は、選ばれる理由になるのです。


そして、選考はとうぜん落とすためにやっていて、落ちるのは多数派、ごく一部の人だけが「選ばれて」合格できます。

だから、多数派に行かないためにも差別化する必要があります。

みんな読んでる就活本を鵜呑みにして実践し、みんなと同じような方法を使ったら落ちるのは当たり前です。

倍率100倍の企業で皆と同じ事をしていたら、不合格の99人側に入るのは明白です。
多数派のその他大勢=不合格者になってしまいます。

だから、「差別化」が重要なのです。

「他の人と同じでいい」という考えを捨て去り、明確に分かる違いを打ち出した時、あなたは企業から必要な存在だと思われるようになるのです。



落ちる人は差別化ができない。だから、その他大勢に埋もれてしまい落とされる。

これが落ち続ける人の特徴の1つです。


そして、もう1つ落ちる人が持つ致命的な欠点があります。

それが、「感覚がズレている」ということです。


落ちてしまうには当然「原因」があります。

企業には明確な選考基準があって、その基準に従って合否を判断しているのですから。

ですが、落ち続ける人は

「自分のどこが悪いのか?」「どこをどう改善したら良いのか?」


が全く分かっていません。

そして、的外れな自己PRと志望動機を作った結果、
自分ではアピールしているつもりでも、全くアピールになっていない
という状況に陥ります。

 

いくらがんばっても内定を貰えないパターン


その1
私は○○でリーダーをやっていました」

「私はバイトで売上アップに貢献しました」

という自己PRをして【面接官をうんざりさせている】ことに気付かない。


その2
「私は○○という商品が好きで、それを多くの人に広めたいです」

「私は○○という商品・サービスにすごく助けられました。だからやりたいです」

 

といった的外れな魅力のかけらもない志望動機を平然と話し出す。

本人は何が悪いのかさっぱり分かっていないまま、ただ不合格にされ続ける。

 

その3
「成長したいです」

「社会に貢献したいです」


と面接で話し、それが評価を上げ、

自分が魅力的な人材だと思われるのだと信じ込んでいる。
本人は熱く語っている気になってるが、
面接官からは「だから何?」と思われてるだけ・・・


 

こういった感覚のズレにいつまでたっても気づかないから、
何社受けても落ちるべくして、必然的に不合格になっていくです。

 

この大多数の学生が持つ、本人は全く自覚していないズレを解消する方法は1つ。

知識をつけることです。
知らないから気づかずに地雷を踏んでしまうのであり、
地雷の場所さえ把握していれば、それを回避するのは非常に簡単です。

40億以上あると言われているウェブサイトの中で、あなたが偶然にもこの手紙を発見し、ここまで読み進めてくれたことを嬉しく思います。

あなたがクリックしてなければ、2度と会えなかった可能性だってあります。

私はせっかく出会えたこの運命に感謝の思いをこめて、

この手紙を読んでくれる、あなただけに内定獲得の真実をお話します。


誰でも知っているようなくだらない話はいっさいしません。

まだ、誰も知らない就職活動の真髄です。

あなたのために、就職活動でとても大事なことをこの手紙に書きましたので、

一字一句慎重にこの先を読んでください。


私は吉田一也と申します。

少しだけ簡単な自己紹介をさせてください。

私は2007年度に就職活動をしており、

幸いにも就職活動では商社、メーカー、外資など6社から

内定をいただくことができました。


しかし、大学時代アピールできるような特別な経験をしてきたわけでなく、

もちろん体育会系ではなく、成績も下位20%、

やってきたのはサークルとバイトくらいでした。

それでも、十分すぎる結果を手に入れることができたんです。


とはいえ、私も始めから上手くいっていたわけではありませんでした。
就活を始めた当初は何をしてよいのかもわからず、

1~3月で41社もの企業から不採用になった

本当に悲惨な状況だったのです・・・・。


私が就活を始めようと思ったとき、とにかく何をしたら良いのか分からなかったので、
とりあえず就職活動の本を3~4冊購入し読むことにしました。

そこで、私は本の中に書いてある自己PRを見て愕然としたのです。

「やっぱり、こういった立派な経験を持っている人だけが たくさんの企業から内定をもらえるのか。」

「自分のような凡人は、就職活動を始める前から負けてるんだ・・・」

「いまさら、何かする時間もないしどうしようもないな・・・。」

そう感じ、自信を喪失してブルーになりました。

しかし、就活をやらないわけにはいきません。


「何のとりえも無いに自分が内定を本当に貰えるのか・・・

こうなったら、早く始めて少しでもアドバンテージを得なければ!」

「就職活動を頑張って、1社でも多くの企業を周ればどこかから内定が貰えるはず。」

そう思って、少しでも有利に就活が出来るようがむしゃらに

朝から晩までびっしりスケジュールを組んで説明会を周る日々を過ごしていました。

そして、3月になり、ついに選考が始まりました。



面接では、とにかくすごいと思われるように話を大げさにして、妄想の自己PRを話しました。

実は他の人がやって自分はほとんど何もやっていないことまで、あたかも自分がやったかのように話を作り上げたりもしました。


面白いキャッチコピーも考えました。

強みを企業の求める人物像にあわせたり、わざと抽象的なところを残すと良いと聞いたので、それもやりました。

 

でも、面接官は話を聞いてるのかどうかさえ怪しいような、全く興味を示さない素振りでした・・・

 

妄想エピソードの中に1箇所でも不自然な所があると、そこを徹底的に追求され、結局自分でも何を言ってるのか分からないような話をしてしまったこともあります。

 

そして、結果は毎回不合格。一次面接さえ通りませんでした。



嘘をつくのは限界があり、
「自分にウソをついた面接トークは、確実に見抜かれている」
「面接官は圧倒的に自分より能力が高いので隠しきれない」

と思った私は、次に正直に学生時代にやっていたことを話すようにしました。


説明会では人事が「ありのままのあなたを見せて下さい」といつも言っていました。

それを信じてしまったのです。


ただダラダラとバイトして、遊んでただけの学生生活でしたが、

その中でもちょっとでも良い所を探して、「ありのままの自分」で面接に挑みました。

正直に、学生時代にやってきたことを話すようにしました。

 

今度こそはとドキドキしながらメールを開く。

 

でも、いつもそこに合格の文字は無い・・・

妄想エピソードでもダメ。
ありのままでもダメ。

もうどうしたらいいのか分からなくなりました。


「なんで。なんで、今まであんなに頑張ってきたのに内定がもらえないんだ・・・」

 

面接に落とされた時の心境は自分自身の存在を否定され、
自分はどこからも必要とされてないのではと感じていました。

悔しさと失意のあまり、ぎゅーっと胸が締め付けられるような苦しさでに一杯になり、

悩みすぎて夜も眠れない日々が続きました。

失恋に似た胸のモヤモヤが無くなる日はありませんでした。


その頃になると、周りの友達から内定を貰う人が出てきました。

「内定貰ったよ」

そんな友人の言葉に、表面的には「おめでとう」と言うものの、本心から言えていない自分が嫌になりました。


「このまま内定0だったら・・・」

焦りと、恐怖ばかりが寝る前に頭をよぎるようになりました。

 

自分だけ取り残され、就職浪人なんて絶対に嫌でした。

今までの頑張りを無駄にしないために、

また、今までの自分を変えたいという思いで頑張りました。

 

 

思い返せば、


中学、高校と無難にすごすだけで、1番になったことなんて無い。


部活でも大した成果を残すことなく、やりきれない思いだけが残っている。


受験の時では浪人までしたのに結局、第一志望の大学には不合格。


大学時代もこれといった結果を残したことなんて無い。


私の人生の中で「本当に成功した」という体験は何1つ無かったのです。

そんな自分がうんざりで、今までの自分とは「さよなら」をしたかったのです。

 

 

ですが気がつけば、

3月の段階で41社の企業から「お祈り」され続けました。

この時期に40社以上も受けるのだけで凄いのに、それが全部不合格。
まさか自分がこんなことになるなんて信じられませんでした。


その時、やっと分かった事があります。

 

 

 



「今まで就活本を読んで、実践してきた方法は何だったんだ?

 

 

全く役に立たないじゃないか!」

 

 

 

そう実感しました。

 

 

 

 

 

そして、私はある事に気付いたのです。

 

 

 

 


「そっか。やっぱり就活は始める前から勝負はついてたんだ。

 

今さらいくらあがいたって、どうしようもないんだな・・・。」


 

 

 

 

自分自身の人格を否定された思いで自暴自棄になり、

「俺は社会不適合者なんだ。誰からも必要とされていないんだ・・・」

 

 


と何度も思いました。

 

 

 


「どうせ社会不適合者ならニートにでもなってやろうか・・・」

 

 

 

 

 


とまで本気で思うほどでした。

 

 

 

 

 



絶望的だった私は、もう就活へのやる気もすっかり失せていました。

面接に行っても「どうせまた落とされてしまう」と怖くなっていました。


そんな私を見て、父がある人を紹介してくれました。

その人はインターネット上では公開できないのでAさんとしますが、ある会社の経営者でした。

そこでAさんは私に言いました。

「夢だったり、生きがいだったり、才能だったり。
そういった生まれながらに誰もが持っているものを、
将来自分の胸の中にしまい込んだまま、
日々うつむいて暮らしていたいのか?」

「君は10年後にどういった人生を送りたいんだ?」

「働く目的はあるのか?君は何のために仕事をするんだい?」



一言、一言が私の胸にグサリ、グサリと刺さりました。

同時に、人生で本当に大事なことを教わっているのだと感じました。

 

 

本心では給料の良さや知名度ばかりを優先させておきながら面接では

「昔からの夢でした」

「御社の理念が私に合っていると思い・・・」

などともっともらしく語る自分も含めた多くの就活生の不誠実さに嫌気がさしました。

 

 

「自分らしく生きたい・・・」


そんな思いが心から湧き上がりました。

 

同時に


「きっと、今ここで頑張らなかったら、一生後悔することになる・・・

ダメな自分の殻を破るのは今この時だ!」

 

そう心の中で誓い、

私は自分を奮い立たせて、もう一度必死で就活をする決断をしました。

 

ただ、正直言うと
「もう一度やってもまた同じ結果になってしまうのでは」

という不安もありました。

 

それに対してAさんは、


「自分だけの経験で苦労して、遠回りしながらやるのは賢くない。
自分の目指す道ですでに成功している人から教えを受ければ、

何倍ものスピードで成功できる」

 

そう言いました。


私はその場でAさんに弟子入りさせてくださいとお願いしました。

そして、Aさんは様々なアドバイスを私にしてくれました。

仕事に対する考え方、コミュニケーションスキル、そして夢を実現させる方法を学んだのです。

 

 



私にとって、Aさんから教わった「就職活動の真髄」を理解するまで、

非効率的で無駄なことばかりの厳しい就活をしていました。

 

ただし、真髄を学んでからは
どうやって面接官に好まれる自己PRと志望動機を作ればいいのか

が手に取るように分かっていました。

私が、自己PR、志望動機を言うと面接官の態度は明らかに好意的になり、

話を真剣に聞き入って、メモするようになりました。

面接官がどんなことを知りたがっているのか

もすべてお見通しでした。

面接官との会話が弾み、「また落ちるかも」と受けるのが嫌だった面接が

楽しいとまで思うようになったのです。

最初の1つ目の内定を貰った時には、外にいたにもかかわらず

嬉しさのあまり人目を気にせずガッツポーズをして飛び跳ねてしまいました。


もう、私には
どんな事を言えば採用したいと思わせることができるのか

を確信していたので、もう落ちる気がしませんでした。

毎回、面接終了後には「よし!今回も受かった!」と自信たっぷりに結果を待ち、

当然のごとくその日の晩には企業から電話がかかってきました。

 

これはもう、答えをカンニングしながら試験を受けているようなもので、

あれほど苦労した面接が簡単に突破できるようになったのです。


辛くて、苦しくて、今すぐやめたいと思っていた就職活動が楽しく感じました。

自分に自信が持てるようになって、将来を考えるだけでワクワクするようになりました
そして、面接の度に今までの頑張りが報われた喜び、自分が認められた喜び、
苦労して合格を掴み取った感動を噛み締めました。

 

正直、自分でも信じられませんでした。


私は、この経験を通じてある事を考えるようになりました。

 

正直、就職活動は理不尽さがあると思います。

不透明な選考方法で判断され、どんなに学生が入りたいと言っても、

企業の独断と偏見で「NO」となればあっさりと突き放されます。


そのために私は何度も悔しい思いをしていきました。

面接官の優しい言葉や笑顔に、期待した自分が惨めで仕方ありませんでした。

アピールネタが無い苦悩はよく分かります。
やりたいことを突然聞かれても、思いつかないのは私も同じでした。
どう対策を練ったらよいのか分からず、情報に振り回されてしまうこともあるでしょう。

 

そんなあなたが

私のような間違った方向で努力し、

遠回りをしないように大切な事を伝えたいのです。

「精一杯やってもなかなか上手くいかない辛さは誰よりも知っている。
私のような遠回りをしない為にも、この「就職活動の真髄」を
どうしても志望企業に入社したいと願う就活生に
伝えることは出来ないだろうか・・・。」

 

そう考える様になった私は、

就職活動の本質を突いた独自の手法を

「内定ガイド」としてマニュアルにまとめ上げ、その全てを公開することを決意しました。



し、テストでどんな問題が出て、

 

その答えをあらかじめすべて分かっているとしたら、

あなたは合格点を取れる自信はありますか?


出題される問題とその答えが分かっているのに、

それでも無理な人はもうどうしようもないので、諦めてください。

でも、

「出る問題と答えさえ分かってれば、高得点を取るのなんて楽勝だよ!」

そうあなたが思ったのなら、
私がライバルは全く知らない就活という問題の「答え」をあなたにお教えします。


もう、感覚のズレた見当外れのアピールをすることは無いのです。
面接官がこの人と働きたいと感じてしまう、価値のある人間になれるのです。


その秘密をお話しします。


あなたは、その秘密を知ることで選考を受ける前に
「何を基準に判断されているんだろう。落ちたら嫌だなぁ」
「面接でどんな事聞かれるんだろう。不安だなぁ。」
「合格する人はどんなことを面接で話しているのだろう?」

といった心配をする必要なんて無くなります。

 

面接で何を話したらいいのかも分からず、

感覚のズレた面接官に全く響かない自己PRと志望動機を作って、
何度も不合格通知を貰うような苦しい思いをする必要はないのです。

私が40社以上から不採用にされ学び得た経験、
もがき、苦しみ抜いた末にたどり着いた知恵の結晶、
寝る間を惜しんで必死で努力し磨き上げてきた就活ノウハウ、
そして、6社から内定を貰った自由自在に応用が利く、就職活動の「本質」
そのすべてを伝授します。

 

就活を終えたばかりだからこそ、陳腐化していない、

リアルな今の就職活動の情報をお伝えできます。

何度も落ちて遠回りしたからこそ、本当に大切な事と、大切でないことが分かるのです。どこにでもいる平凡な私だからこそ、同じ境遇の人の気持ちを理解できるのです。

 



このマニュアルでお話しすることは、あなたの就職活動を劇的に変える内容であると

私は確信しています。


しかし、100%の人が成功するわけではありません。

就活の真髄を学んでも、残念ながら成功できない人がいます。

それは、

読むだけで何1つ実践しない人と、
途中で諦めてしまい、成功を放棄した人です。


こういった人はもう私の力ではどうしようもありませんので、どこかにいってください。

私のところには来ないでください。


でも、それ以外の人は確実に成果を出し、面接を突破しています。

 

エントリーシートが通るようになった、面接で何を話せばいいのか分かった、

第一志望から内定貰ったという嬉しい声を数多く頂いています。

 

 

その感謝の声をほんの一部ですが公開します。


始めての面接以外はすべて通過することができました。

 

これもすべて吉田さんの内定ガイドで書かれていたことが就職活動での核心をつき 他の学生との差別が生まれ結果内定という形になったんだと思っています


こんにちわ。森と申します。

 

昨日5日にようやく第一希望の会社から内定を頂くことができました。初めて頂いた内定でしたのでホントに心の底から嬉しかったです。

 

これも吉田さんの内定ガイドの1章のところの仕事とは何か?

そしてやはり自己分析ですね。

これがホントに効果がありました。

仕事とは何か?の部分で

「仕事とは〇〇〇」」

この言葉はホントに就職活動中に印象に残りました。

この言葉をよく自分の頭で考えて

志望動機なんなり面接でもよく使わせていただきました。

 

その効果もありグループ面接などでは

核心をついた発言そして自分の頭で考えることで

他の学生との差別化が生まれたと思っています。


そしてやはり自己分析ですね。

これが一番大切だとしみじみ思いました。

正直自己分析が一番辛かっ たですし何度も自己嫌悪に陥りました。

「大人しくて内気な自分」「学生時代何もやってない自分」

はあ、もう一度やり直したい

とかなり自分が嫌いになりましたけど

それをすべて肯定的に考えていくうちに真面目で誠実な自分。

高校生の時頑張っていた野球などいろいろいい自分がでてきて

「自分も探せばいいところあるな!」

みたいな感じで自信にもなりましたし

面接でも堂々とア ピールできたと思います。

 

おかげ様で就職活動中計5回の少ない面接ではありましたが

始めての 面接以外はすべて通過することができました。

これもすべて吉田さんの内定ガイドで書かれていたことが

就職活動での核心をつき他の学生との差別が生まれ

差別化は価値を生みますから

結果内定という形になったんだと思っています。


そして最後にやはり就職活動中にいろんなかたと

話している中で就職活動中以外は気づかなかった

家族の支えだったり友人・教授などいろんな人の

支えで今の自分がいるんだなと気づきなんか泣きそうになりました。

昨日もみんなから「おめでとう」って言って貰った時は

なんかほんとに しみじみきましたね。


もちろん就職活動中に吉田さんと出合ってなかったと

思うと今頃まだ途方に暮ていたと思いますし

ホント「出会い」って大切ですね。

これからの人生は「感謝の気持ち」と 「出会い」を大切に

日々邁進していこうと思います。

      森さん

 

3月に6社連続で一次敗退,GD落ち一社。
「もうダメだ。」

 

4月から始まる会社のほうが難易度も高いし就職できないと思ったときこのガイドに出会いました。


先日無事第一志望内定取れました。ありがとうございました。

3月中に面接の練習と考え7社を受験。

6社連続で一次面接敗退,GD落ち一社。

もうダメだ。


4月から始まる会社のほうが難易度も高いし就職できない

と思ったときこのガイドに出会いました。

 

そして思い切って購入してみました。

驚いたのがこのガイドに書いてあるどおりにGDを進めると
3社連続通過通知

そして最終的にしっかりと志望動機を練った4社に内定を貰うことができ,

 

第一志望にも無事 内定も貰うことができ,

夢を叶えることができました。

 

後40年間この会社で働くことを考えるとワクワクしています。

これなら安い買い物だったと思います。

ありがとうございました。

早稲田大学 ペリカンさん

 

これを読まなければ一生後悔していたかも、と今となっては内定ガイドに出会えたことが本当によかったと思っています。


吉田様

本当に、ありがとうございます。

外資系メーカーに内定しました。もうほんっと信じられません。

まさか本当にAに行けるなんて・・・

内定マニュアル、すごすぎます。

実は、マニュアルを手にする前、何度も何度も落ちていたんです。

自己分析をやってみたし、就職本も買ってみました。徹夜でESを書いたり、

親や友人に自分の強みを聞くなど、努力はしていたと思います。

それでもほとんどES落ちだし、面接まで行っても1次敗退でした。。。

もうほんっと自信を無くして、どこにも受からないんじゃないかと思っていました。

そんなときに、内定マニュアルを偶然見つけたんです。

マニュアルを読んで、今までの就活のやり方が間違っていたことがわかりました。会社の選び方など本質的なことから面接の具体的なテクニックまで、

あまりに濃い内容で、何回も何回も読み直しました。

読むたびに「なんだ、そうだったのか」と、

それまでのもやもやが一つ一つ解決していきました。

そこから再度、就活をやり直しましたが、今度は落ちる気がしませんでした。そうして、念願だった第一志望のAに受かったのです。

これを読まなければ一生後悔していたかも、と、今となっては内定マニュアルに出会えたことが本当によかったと思っています。

    明治大学 山下さん


途中で投げ出さない覚悟があるのでしたら、あなたも同様の結果を出すことが可能です。ただし、勘違いして欲しくないのですが・・・

 

 


就職さえできればそれでよいのでしょうか?

 

私は違うと思います。

大事なの就職した後、“あなたがどう働くのか”ということです。


これは、内定を取るだけのマニュアルではなく、
「あなたが最高の自分を目指し、輝いて生きるためのガイド」です。

内定を取ることばっかりに集中して、内定を取ったらお終い。
その先は勝手にしてみたいなやり方は嫌なのです。
それは、真剣にあなたのためを考えたやり方では絶対に無いと思います。

この内定ガイドは「内定を取りたい」という表面的な結果だけを求めるものではありません。

 

「自分に自信をつけたい。自分を変えたい」

 

「恋愛、受験、スポーツ・・・なぜあの時、頑張れなかったのか・・・後悔ばかりが残ってる。もう後悔するのはうんざりだ。就職活動では悔いを残したくない!」

 

「生き生きと働く幸せな社会人になりたい」

 

「本当にやりたいことを見つけて、カッコよく働きたい」

 

「就職活動を通じて、自分を成長させたい!」

 

「嫌々やるんじゃなくて、やるなら楽しく就活をやりたい」

 

 

こういった願いを叶え、あなたが心から楽しめる仕事、才能を活かせる仕事に就き、

自分らしく生きるための道しるべです。

逆に、こういった考えを持っていない人には向いていないので、

これより先を読むのはやめてください。

一足先に就活が劇的に変わった人達の声を聞いてください。
これを読めば、ただの内定マニュアルではないことが分かるはずです。

誰が見てるか分からないネット上に自分の顔やフルネームを出すような学生は普通いません(あなただって嫌ですよね?)ので、大学名と苗字だけを公開しています。

一つの出会いでこんなにも劇的に変わってしまうという事実にある意味恐怖すら感じました。


はっきりいってここまですごいとは思いませんでした。テクニックはもちろんのこと就職活動についての本質についてのところはメカラウロコでした。

自分はどんな人生を歩みたいのか、

そのための仕事は一体どう位置つけられるのかを、本気で考えました。

今まで就職するにあたって真っ先に考えなくてはいけないことを一番後にして、自己PR、志望動機を作るための自己分析、面接突破のための面接対策など
「内定をもらうための就職活動」をしていました。

 

この内定ガイドにであってなければ、
今後も間違った方向へ知らず知らずのうち進んでいたと思います。

一つの出会いでこんなにも劇的に変わってしまうという事実に

ある意味恐怖すら感じました。

    玉川大学 Hさん

 

今は非常に就職活動が楽しいです。

あと、自分が好きになりました。


『内定ガイド』を買うときは

そこに自分の答えを導き出す近道が載っていると

確信を持って、コンビニATMに送金しました。

昔は、かずさんが言っていたように、

向上心が高くこんなんじゃダメだと自分を否定していました。

でも自分を好きになると、明日はもっと好きな自分に

なろうと頑張れるので向上して行けるんですよね。

このほうが絶対お得ですね。

エントリーシートに書くような学生時代のことなんてない

と思っていましたが、今はあれもこれも言えるじゃないか、

と思えるようになりました。

内定ガイドはここ2日で読み終えました。

自己分析は終わりそうになかったので途中で一旦止めました。

自分の出した答えが当たっていた、

自分の考えを認めてくれているという思いで、

何度もうれし泣きしてしまいました。

ここ何年か泣いた覚えがないので、

この就職活動で心にゆとりができたのかと思います。

バラエティ番組などを見ても心から笑えるようになった気がします。

これから選考が始まるので

GDや面接対策は多いに参考にさせていただきます。

拙い文章ですが、勝手に私の近況報告させていただきました。

就職活動必死に頑張っているけど、

自分ではもう成長しきれなくなっている一人でも多くの方に、

この『内定ガイド』を読んでいただきたいですね。

私も一人でも多くの方がこの『内定ガイド』を手にして、

変わっていくことを望みます。

        白木さん

 

自己分析をやり直したとき、不安が消え、霧が晴れた気がしました。
現在、内定待ちです。
確証はありませんが、「幸せ」になる自信は持っています。


去年の年末から今年の夏までの間周りの同級生は 

就活だ!就活だ! 

と何かにとりつかれたかのように就職活動を行っていました。


僕もその群れの中の一人でした。

「4回生なんだから」

「周りもやってるし」

周囲の流れに巻き込まれるカタチで就職活動を始めていきました。


学校の就活センターみたいなところに通い、

自己分析や模擬面接、個別相談をしていき、いよいよ就職活動開始。

1社、2社、3社、4567…

とにかく自分にあった企業を探し求めて説明会巡り。

エントリーから2次、3次面接と進み、落ちてはまた1社、

また落ちては1社と気になった会社を虱潰しに回っていきました。

 

しかし、結果は何度やっても同じ。中には内定を貰えた会社もありました。

が、その内定は辞退しました。

なぜなら、その内定を貰えたとき「素直に喜べなかった」からです。

説明会を受けてエントリーをしていくうちに何か引っかかるものがあり、

それは訪問企業の数が増えていく毎に不安となり、さらに増していきました。

(本当にこの会社でいいの?)

やがて就職活動の脚を止め、やる気が遠ざかっていきました。

そんな感じで「就活の意味」を求め「内定ガイド」を手にしました。


読んでいくうちに、

どうやら学校の就活センターはトラップだったということに気付かされた。

思い返してみれば、面接に受かる為の攻略話ばかりで

働き始めたら先なんて知ったこっちゃないという感じでした。

(本来は自分で考えて気付くべきなのでしょうけど)

今まで2次、3次で落とされていた面接も、悪く言えば「見抜かれていた」、

しかし、良い捉え方をすれば「君はこっちに来てはいけない」

と警告してくれていたのかもしれません。

そして、自己分析をやり直したとき、不安が消え、霧が晴れた気がしました。

現在、内定待ちです。

確証はありませんが、「幸せ」になる自信は持っています。

例え落ちてしまっていても、しっかり自分が見えている今、

不安はどこにもありません。

大変、参考になりました。ありがとうございます。

        菅田さん

 

よく就職セミナー等で、
「有名企業に入ることだけが幸せではない」

 

という話を耳にし、
そんなのただの奇麗事だと思っていましたが、
その考え方も変わりました。


吉田様、

感想が遅くなってしまい、申し訳ありません。

内定ガイドを読ませて頂いてから、

ここ何日か「自分」という人間に向き合っています。

こんなに自分自身と向き合ったのは初めてです。

内定ガイドを読ませて頂く前は、自己分析というものをそこまで重視していませんでした。

自分自身をわかったつもりでいました。

しかし、内定ガイドに出てくる問いかけがどれも心に突き刺さり、

このままではだめだと思いました。

早く内定を取ることが勝ち組だ、と思っている自分がいて、

何社か落ちていくうちにどんどん焦りを感じていました。

「みんなはもう内定もらえたのかな・・」と。

そんな考え方を180度変えてくれたのが、この内定ガイドです。

今ではあまりまわりの就活生が気にならなくなりました。

将来生き生き働ける場所は人それぞれであり、

その場所にたどり着く時間もきっと人それぞれだと思えるようになりました。


よく就職セミナー等で、

「有名企業に入ることだけが幸せではない」

という話を耳にし、そんなのただの奇麗事だと思っていましたが、

その考え方も変わりました。


この内定ガイドに出会えたことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

人の縁というものは本当に不思議だなぁと感じています。

ましてやインターネット上での出会いなのでその不思議さも倍増だったりします!笑

いつになるかわかりませんが、

嬉しい報告が吉田さんに出来るよう、がんばります!

   関西大学 くるみさん

 

私は失敗したのかもしれません。
しかし、私は内定以上に大きなものを得ることが出来ました。


こんにちは。

本日は、吉田さんに感謝させていただきたくメールしました。

結論から言えば、私は内定ガイドを十分に活用することが出来ませんでした。

今の段階でひとつも内定をいただいておりません。

それは私が大学院に行くことにしたためです。

 

このことは就職活動からの逃げだとどうか思わないで下さい。

私が大学院に進むことに決めた理由をもしよろしければお話させて下さい。

大学時代、私は大学院に進学したいと一年の頃から考えていました。

しかし、就職活動が始まる頃に両親に相談したところ、

経済的に無理だと言われ たのです。

 

そのため、就職活動をする決心をしたのですが、どうしても身に入りませんでした。

そのような状態で選考が進むわけもなく、

悩んでいた時に内定ガイドに出会うこ とが出来ました。

内定ガイドは私の社会認識の甘さ、企業から求められている人間とは何かと、

全ての認識を変えてくれました。

ガイドに書かれてあることは出来る限り実践し、次第に選考も進むようになりました。

しかし、内定ガイドで吉田さんがおっしゃる、

「大好きなこと、使命ともいえる ような本当の目標を持つこと」

だけは出来ていませんでした。

自己分析から、入社するならこの会社だと

自信を持つことが出来たのにもかかわらずです。

 

私はこのとき、吉田さんが本当にお伝えしたかったことに

気付くことが出来ていませんでした。


私が犯したミスは、あくまで「就職活動をすること前提」で自己分析し、

夢を作 り上げていたからです。

 

そのことに気付いたのは、ある会社の面接の時でした。

 

選考は順調に進んでいる にもかかわらず、どこか違和感を拭えなかった時です。

ふと、「院に進みたい」と思いました。

 

そして、唐突に「大好きなこと、使命と もいえるような本当の目標」

という言葉が浮かびました。

そのときの感情はどう言ったらよいのかわかりませんが、

違和感が吹き飛び、胸がつまり涙ぐんでしまいました。

面接はつつがなく終わりましたが、内心はそれどころではありませんでした。

その後すぐに、地元に帰省し、院に行かせて欲しいと両親を説得にかかりました。

両親に土下座したのは初めてです(笑)

両親は納得してくれ、今は院試に向かっ て勉強しています。

 

内定ガイドの目的で言えば私は失敗したのかもしれません。

しかし、もし内定ガイドを知らなければ、

何か人生を勘違いしたまま適当に就職し、将来への夢など抱かなかったでしょう。

 

今の私の夢は教師になることだと心から自信を持って言うことが出来るのです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

私の就職活動の結果は吉田さんにとって不快に思われるかもしれません。

内定を取ることが出来なかったのですから。

しかし、私は内定以上に大きなものを得ることが出来ました。

このことは感謝しても仕切れません。

内定ガイドはとても素晴らしいものでした。

私としては「人生」ガイドと言いたいところですが・・・。

どうかこれからも人生に迷われる学生さんを導いてあげて下さい。

吉田さんのこれからのご活躍をお祈りしています。

        佐藤さん

 

正直自分は大丈夫だと思っていたのですが・・・
内定ガイドを読んで、私がいわゆる
「ピントのずれた学生」だと自覚しました。


内定ガイドを読んで、私がいわゆる「ピントのずれた学生」だと自覚しました。

正直自分は大丈夫だと思っていたのですが・・・汗

このことに早めに気付けたので、ほんとによかったです!

ありがとうございました。

それでESも全く的外れだったのでいちから練り直すことにしました。

自己分析が不十分だということに気付き、

次の日から早速新しいノートを買ってやり直しました。

明日は初めてのグループディスカッションがあるので、

ガイドを熟読して臨みたいと思います!

      九州大学 Hさん

 

やりたいことの答えが出た時は気持ちが踊りました。このガイドを読んで自分に自信がつきました。


内定ガイドに出会う前は、

自己分析を適当にやっていたので、

自分がやりたいことの答えが出た時は気持ちが踊りました。

まだ内定はおろか2次面接すら突破できていませんが

このガイドを読んで自分に自信がつきました。

吉田さんから沢山のアドバイスをいただき非常に助かっております。

アフターケアーもしっかりしていて自分の

書いた自己PRや志望動機に磨きをかけることができます。

      日本大学 代田さん

 

いままで自分の脳みそを本当には使っていませんでした。

このガイドがなければこの先、
自分で考えて自分の能力を活かすことはできなかったのではないかと思います。

 

なんと今まで自分本位な履歴書の書き方そして

面接をしていたのか気づかされました。

相手の立場に立ってものごとを見ていかなければいけないのですね。

そして、自分の癖にも気づくことができました。

いままで自分の脳みそを本当には使っていませんでした。

このガイドがなければこの先、

自分で考えて自分の能力を活かすことは

できなかったのではないかと思います。

今、気づけて本当によかったです。

ありがとうございました。

           星さん

 

私はこれを読むまでは、どうすれば良い自己PRや志望動機が書けるのかと、
ただ就活で勝ち組になりたいとばかり思っていました。


しかし、内定ガイドを読ましていただいて、

そういった考え方をするのではなく、

大企業に入れたからといって勝ち組ではなく、

本当に自分に合った企業を探すことが大事であり、

将来ずっと働く会社であると考えると

自分がしていて楽しい仕事をしたいと思うようになりました。

また、 自分が入りたい入りたいと伝えていては

ただの自己中心的な人であると思われるだけで、

〇〇〇〇を伝えることが重要であるということ。

自己PR、志望動機は別物で考えていましたが、

それでは一貫性がなく、説得力もないことに気づかされました。

就活で何をすればよいか、どのような考え方をすればよいのかという

本質的なことを理解することができたと思っています。

     同志社大学 島田さん



「内定を取るだけがすべて」そんな就職活動をして欲しくありません。
私が伝えたいことは内定を取るだけのマニュアルではなく、
「あなたが最高の自分を目指し、輝いて生きるためのガイド」です。

本当に大事なことを一番初めにお話します。
劇的に変わる覚悟はできていますか?

 

多くの学生が持っているあの会社は学歴主義だとか、体育会系だからきついだとか、ブラック企業だとか、そういったマイナス要素の不安を一気に吹き飛ばし、正しく前へ進む方法とは?

つい周りの学生と自分をと比較したりして、面接を受けた後はいつも落ち込んでしまう・・・ そんなあなたが自信を持って全力で就活を乗り切るためにモチベーションを高く保ち続ける方法とは?

「仕事とは何か?」その本質から考え、自己PR、そして志望動機へと繋げていく超戦略とは?

ライバルの苦悩を横目にあなたは無数の企業から取捨選択する術を身に付け、 自分にぴったりな企業を簡単に選び出すコツとは?

就職活動で成功する人が共通して持っている「考え方」とは?
失敗する人は全く逆に思っている事が、成功の秘訣だったのです。



就職活動には3つの「壁」があります。

 

アピールネタが無い、やりたいことが分からない、といった言うことが無い、または何を言ったらいいのか分からない壁

どうやって自己PRや志望動機を書いたらいいのかという書き方が分からない壁

面接やGDで合格するための内定戦略が無い壁

 

ここでは、

1、アピールネタが無い、やりたいことが分からない、といった言うことが無い、または何を言ったらいいのか分からない壁。この壁の突破し、心からやりたいことを発見します。


誰も正しく教えてくれなかった自己分析の本当の意味とは?
自己分析は、ただ過去を振り返るのでもなく、自己PRのネタを見つけるためにやるのでもなく、自分の強みと弱みを知るためでもありません。

過去はしょせん過去、大切なのは今だという言葉の落とし穴とは? 「今を生きろ」ってカッコいい言葉ですけど、それだけじゃダメなんです!その理由とは? この言葉に踊らされて「自己分析で過去なんて考えても意味ないし・・」なんて思ったら、それは大間違いです。

自己分析で失敗している人は知らない、どんな人間でも持っている○○性とは?
これに気付かずに何時間と自己分析をしても、しっくりこないのは当たり前。
(なぜこんな当たり前のことを誰も言わないのかが不思議なくらいです・・・)

「自分はどんな仕事が向いているのか」という問いに答えるために重要なこととは?どんなにやりたいことを自問自答しても、わからないのは原因があります。
その原因を解明し、自分のこれだけは譲れないという信念が見つかる、自己分析の秘訣を伝授します。

やればやるほど自分に自信がわいてくる正しい自己分析とは?
自己分析をやると暗い気持ちになるなんて大嘘です!そんなのは本当の自己分析でありません。正しい自己分析を行えば、自尊心と将来の希望が持てます。



2、どうやって自己PRや志望動機を書いたらいいのかという書き方が分からない壁この壁の突破方法を伝授します。内定が取れる書き方をカンニングしてください。

 

まるで小説を読むかのごとく最後の一文字まで没頭させ、気付いたら合格にしている・・・
面接官を唸らせるESの書き方とは?

この方法を知らないライバルのESは適当に読み飛ばされて、不合格のケースへポイッ。
しかし、あなたのESを面接官は食い入るように読み、気がつけば合格にしてしまうでしょう。

魅力的な自己PRを構成するフォーミュラとは?
この方法は非常にシンプルで、このルールどおりに書けば合格できるESが書けるようになるでしょう。
この方法を使えば、もう2度とわかりづらいESだと思われることはなくります。

まるで映画のワンシーンのような映像が面接官の頭の中に浮かぶ自己PRの作り方とは?
大抵の人の自己PRは退屈で、ありきたりで、ハッキリしないものです。
しかし、あなたは非常に明解な自己PRが書ける具体的な方法を知ることが出来ます。

抽象的な所をあえて残すなんてのは自己PRではなく、自殺PR。不合格まっしぐらから助け出す、正しい自己PRの書き方とは?
これもよくある自己PRのテクニックの1つです。わざと抽象的にして、そこを突っ込ませるという方法です。しかし、この方法に重大な欠陥があります。それは一体何なのか?そして、もっと良い確実性のある自己PRの書き方をあなただけに特別に教えます。

誰もが納得し、感心させるほど強力な志望動機を書くための3つの流れとは?
何も知らない学生は、一生懸命志望動機を話しても面接官は「ふーん」といった態度。
しかし、あなたが志望動機をいった時「この学生はうちの企業にぴったりの人材だ」
と面接官の心を鷲掴みにすることが可能です。

全ての企業が考える欲しい人材の1つの共通点とは?
行動力とか、コニュニケーションスキルだとかそういったことではありません。
もっと根本的なことです。

自己PRと志望動機が完全に調和された一貫性を持つための方法とは?
自己PRするときに志望動機も言ってしまうとか、
志望動機のときに関連させて自分をPRするといった方法ではありません。
(というかこの方法だと、質問に的確に答えてないと思われる可能性だってありますからね。)
私の提唱する方法はもっと根底でロジカルにつながった方法です。

ESは楽勝で突破できる立派な志望動機でも、面接になるとバシバシ落とされる人の悪い特徴とは?
「なんでESは通るのに、面接はダメなんだ。コミュニケーションに問題があるのか?」
なんて考えているかもしれませんが、そうではありません。
そんな人に共通する悪い特徴を知ることで、同じ失敗をしないようにしましょう。

自己PRのネタもなければ、得意なこともない・・・そんな絶望的な状況を打開する方法とは?
これはまさに就活を始めた当初の私そのものです。そんな私が、どうやって41連敗から脱出し、超一流企業6社からの内定を勝ち取ったのか?その全貌を明らかにします。



3、面接やGDで合格するための内定戦略が無い壁

この壁を突破するための戦略です。

こうすればいいという決まりが無く、やり方が分からないから就活は難しいのです。

そこで大事なのは「ノウハウを知っているか、知らないか」です。

 

GDの必勝プロセスとは?
GDにも流れがあります。このプロセスを頭にインプットし、どのように展開すればよいのかそれを指し示すことで、先導役となれるでしょう。完璧なロケットスタートが切れます。

GDで絶対にやってはいけない「禁句」とは?
GDでは言ってはいけない禁句があります。何も知らないあなたは気付かないうちに評価を下げて不合格に・・しかし、禁句を知ればもう大丈夫。二度と同じミスをすることはなくなります。

「まさか、そんな所が評価されていたなんて!」内定先からこっそり教えてもらった隠された評価ポイントとは?
おそらく誰もこの真実には気付いていないでしょう。あなたは誰も知らない簡単な方法を使って、面接官から合格を貰うことができます。

私からいわせれば○○の役をやる奴はどうしようもない不合格志願者です。自信満々にそう言い切れるワケとは?
これは一般的には薦められている役割です。しかし、知らずにやってしまってはマイナスの評価になるでしょう・・・

他の学生には気付かれずに、こっそりと面接官の高評価を獲得する反則的な方法とは?
何も知らない学生から見たら、「こいつ何してんだ」と思われてるでしょう。しかし、面接官からは「すばらしい学生だ」と評価されます。

論理的に議論を展開する「3段階プレゼンテーション」とは?
わかりやすく、端的に伝えるための方法です。
話のわかりにくい人は、そもそもプレゼンの手法を知らないからです。
3段階プレゼンテーションは非常に簡単で、誰でも出来る方法ですが効果は抜群!!

どうしようもなく頑固な反対意見をすんなりとまとめて合格へと一直線に進む方法
たまに現れるやっかいな人がいたら「おいおい・・これじゃ先に進まねーよ」と普通は困ってしまいます。
しかし、あなたにとっては超チャンス!「よっしゃ!ここはあの方法を使って、ポイントをゲットだ!」

空気の読めない暴走君を利用して自分はちゃっかり合格する方法

選択肢に迷って議論が停滞した時でも、突破口を切り開く解決策とは?
一度は訪れる議論の詰まり。この時、どのような対応をとったらよいのでしょう?あなたの一言が道をひらきます。そして合格の扉もひらくことでしょう!


 

面接で活用すれば、効果は絶大!セールスの極意○○とは?

面接官にあなたを強烈に印象付けるコツ
「この学生はどんな感じだったけ?印象に残ってないから不合格。」とほとんどの人は思われています。
しかし、あなたは他の学生を差し置いてあなたは入社して欲しいと企業に思わせることが可能です。

初対面の面接官と一瞬で信頼関係を築く心理テクニック
心理学に基づいた人から一瞬で信頼されてしまうスキルを伝授します。

一次面接を突破するための小学生でも出来る簡単な方法
この事実に気付いたあなたがはもう2度と一次面接で苦労することはなくなります。

ほとんどの面接で一番最初に行われるある事を利用して、面接官にあなたを好きにさせる方法とは?
おそらくこの方法をやっている学生は3%にも満たないはずです。それほど、誰も使っていない秘匿性の高い方法です。面接官も気付かないうちにあなたの味方になってしまうでしょう。

話が長くなってしまった時の緊急対応策
これを使うことで、マイナス評価をプラスへと転換できます。

あなたが伝えたい事を的確に伝える技術
もう、言いたい事も言えずに不完全燃焼で面接を終えることは無くなるのです。

面接でこれをやったら一発不合格の禁止行為とは?
知らず知らずのうちに多く学生が犯してしまっている決定的な過ち。
私は何度もグループ面接でこれをやって不採用になってしまった学生を見てきました。

自分のフィールドで勝負できるグループ面接の対策とは?
これを活用すれば、グループ面接では他の学生の話など耳に入らないほど面接官をあなたに釘付けに出来るでしょう。あなたの発言1つ1つが弾丸で打ち込んだようにズドンと面接官の心を射止めます。


 


このマニュアルではPDFファイル216ページにもわたり、これらの内容を分かりやすく、徹底的に解説してあります。


もしこのノウハウを知ることが出来るとしたら、どれだけ効率よく就活ができ、内定を勝ち取れるでしょうか。どれだけ就活の悩みが解消されることでしょうか。

どれほど就活が楽しく、そして簡単になる事でしょうか・・・・

普通に就職活動をし続けるだけでは知ることの出来ないノウハウがこのマニュアルには惜しげもなく書いてあります。


半年間、ひたすら企業をまわって、選考を受けても気付くことができないであろう秘訣です。

 

そんなノウハウに対して、あなたはどれ程の価値を感じていただけるでしょか?

 

 

一般的な就活塾や教材では10万以上も普通というのが相場です。

たとえば、「絶○内定」の我○館は受講料14万8千円です。


確かに、就職活動が成功すれば、将来のお給料で数100万と差が出てきますし、就職浪人でもしたら50万以上のお金がさらにかかってしまいます。

何より「幸せな人生」を歩みだすきっかけになるのですから、就職塾が10万円以上したとしても、十分妥当だと思いました。

 

しかし、真剣な気持ちはあるけれど、現在このような金額を投資するのは大変辛いと思います。

 

学生の立場でそんな高額を捻出することは厳しいと思います。
私があなたの立場だとしても教えては欲しいけど、

高すぎて手が出せず、諦めてしまうでしょう。

 

なので、あなたが第一志望の内定を取り、高いお給料とやりがいのある仕事を手に入れるための必勝法は

就職塾の10分の1、

アルバイト代約1日分、飲み会の2~3回分、

である9800円でお譲りすることに決めました。

 

なぜ有料なのかと言うと、

内定ガイドを無料にして多くの人に広まりすぎてしまうと

ノウハウが陳腐化してしまいます。

みんな読んでる就活本を鵜呑みにして実践し、みんなと同じような方法を使ったら

落ちるのは当たり前です。だって、同じだったら選びようが無いですから。

倍率100倍の企業で皆と同じ事をしていたら、不合格の99人側に入るのは明白です。


制限をかけた誰も知らない方法だからこそ差別化と価値が生まれます。

ブログのように無料で公開してしまっても、沢山の人が見ているので結局、

やることが同じになり高い効果を発揮することが出来なくなってしまいます。

最も効果的に就活をするために有料にしました。


学校で学ぶ時、塾で学ぶ時、予備校で学ぶ時、

人から何かを教わるのはいつだって無料ではありません。


本当に価値のある情報とは、タダでは決して手に入るものではないのです。

 

少し考えてみてください。
お金の使い道は「消費」「浪費」「投資」この3つです。
成功する人は常に自分自信を高めることに「投資」します。


今、あなたが9800円を自分に投資したならば、

将来何100倍で返ってくるでしょうか?どれだけ精神的な苦痛を味わわずにすむでしょうか?

 

就職が決まれば喜ぶのはあなただけではありません。
家族も自分のことのように喜んでくれるでしょう。

これから、今まで育ててもらった家族への恩返しができるのです。

もし、就職浪人でもしてしまった日には、どれだけの負担と心配をかける事になるでしょうか・・・

 

もしもあなたが

「就職活動を成功させて、幸せな人生を歩みたい」

そう思っているのならば、

投資額以上の価値を感じて頂ける自信があります。

 

もしも、あなたが

「自分自身の将来のために、この投資を惜しまない!」

そう思い、マニュアルのお申し込みをされるのであれば

あなたの期待に全力で応えてみせます。

 

 

まだ不安な気持ちがあるかも知れません。

だから、私はあなたに約束をします。

 

 

内定ガイドは特別な経験が無くても、学歴が無くても、資格が無くても、

あなたが心からやりたいと思える「情熱の源」を探し出し、

希望の会社から必要とされる人材になることを可能とする内容になっています。


しかし、私がいくら成功する可能性を永遠と語っても、

あなたは、まだ不安に思われているかもしれません。

 

「胡散臭いな・・・」「本当に役に立つの?」

私があなたの立場だったらこう考えるでしょう。
なので、満足できるか、できないかは
あなたがこの内定ガイドを実際に試して判断してください。

 

もし内定ガイドを実践しても効果が無かった場合、

私に購入後90日以内に1通メールを下さい。

メールを頂いた日から一週間以内に

マニュアル代を返金いたします。
(ただし、販売に掛かる手数料はご負担いただきます)


そして、

あなたを失望させてしまったお詫びとして個人的なアドバイスをし、

私はあなたと良好な関係であり続けることを誓います。

 

もちろん、お申し込みいただいた教材は

お返しいただかなくて結構です。

教材はそのままあなたに差し上げます。

 

あなたは中身が分からないものにお金を払うことに

躊躇しているはずです。でも、役に立たなかったら代金は返ってくるのですからご安心ください。私は、約束を必ず守ります。

 

ここまでやるのは私にとって大変勇気が必要なのですが、

あなたが私を信用してくれるように私もあなたを信用するからこそ、

このような無謀な約束をする決心をしたのです。
あなたと私、お互いを信頼しているからここまでやるのです。


ただ、申し訳ないのですがあまりに多くの人に知れ渡ってしまうと、

効果が薄くなってしまう可能性があります。

特にGDなどのノウハウはグループに同じ事をやろうとする人間が二人いると、

確実に競合します。そうなると片方が落ちてしまう可能性は高いと言わざるをえません。

プロジェクトの参加者には絶対に成功して欲しいですし、

そのために私は出来ることはすべてやりたいと思っています。
だから、200名限定で今回のマニュアルをお渡しすることに決めました。

 

また、サポートのためのメールマガジンも私自身が発行していますし、

個別にアドバイスもしています。

そういった事において一人、一人丁寧に対応していくためにも人数を制限せざるをえないのです。

今、こうやって読んでいる瞬間にも着実に参加枠は埋まっていっています。

もし、あなたがこのプロジェクトに参加したいと考えているのなら、今すぐ私に知らせてほしいと思います。



「内定を取るだけがすべて」そんな就職活動を進めることを断固拒否します。

それでは、たとえ内定が出たとしても

たぶん「本当にこれでいいのか」という不安が頭から離れなくなったり、

働き出してから「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうと思うんです。

 

私はあなたが幸せな社会人になって欲しいと願っています。

内定を取るのなんて通過点に過ぎません。
あなたが本当に見据えているものは「その先」にあるのですから・・・

 

あなたはきっと

他の学生が必死で求めてる表面的な小手先の就活テクニックではなく、

将来生き生きと働く、輝く人生を目指す就職活動の真髄を学びたいと思っていることでしょう。

 

就活の真髄を知ったならば、もう他の就活生なんて目じゃありません。
自分にウソをついて、もっともらしい偽りの自己PRや志望動機を作り、

面接官に見抜かれていることさえも気づけないその他大勢の学生とは、

はっきり言って、レベルが違います。

私は、あなたが成功して、あなたの感謝の声を聞きたい、そう思っています。


もしかしたら、もう十分かもしれませんがさらに圧倒的な「差」を生み出すために、

私に出来ることは無いか?もっと必要なことは無いか?そう真剣に考えました。

そこで、今回特別レポートを作り、無料で差し上げることにしました。


以下がそのプレゼントの詳細です。

 

 


私が内定したもしくは、最終面接まで行った企業の選考フローの全貌を明らかにします。

そして、それぞれの企業の特徴と面接の攻略法を伝授します。

一般的に明かされていない不明確な選考の過程を暴露します。

あなたは、これを知ることで適切な対策を立てることができ、内定する可能性は飛躍的に上がるでしょう。以下はその暴露する企業です。

 

住友商事

キャノン

花王

シスコシステムズ

べリングポイント

アドバンテスト

損保ジャパン

阪和興業

マクロミル

NTTドコモ


私のベースになっている考え方の中の1つについて書いています。

このレポートに書かれた内容は・・・・

■平凡なネタでも面接官を食いつかせる方法とは!?(具体性なんてありふれた事は言いません)実際は私のアピールネタはバイトでしたが、面接官は非常に評価してくれました。

■平凡であるからこそ非常識でいるべきだと思います。自分を普通だと思っている人に私と同じ過ちを繰り返さないための解決策を伝授します!

■就活本に頼ってしまっている人の失敗パターンから抜け出す内定が取れる「非常識な自己PR」とは?

■倍率何十倍の試験を突破し、あなたが選ばれるためにはどうしたらよいのか?

■就職活動中の学生の3つの分類とは?内定が取れるのはその内の2つ。あなたはどこに分類されますか?

このレポートは非常に好評で、感謝の声を頂いています。
正直、このプレゼントでも1つの教材として価値があります。

 

Hさんの声(本人の希望でお名前は伏せさせて頂きます。)

「非常識の自己PRのススメ」は逸材でした。
特に変わった経験のないごく普通の大学生が、 就活本に書いてあるような凄いことをやっていた大学生と互角に戦う方法とは?
これがわかるだけでも内定ガイドを読む価値があると思います。

とりあえず今、吉田さんのこのサイトを見ている人もだまされたと思って

購入してみてはいかがでしょうか。

ただライバルが増えてしまうと困るんであまり周りに広めないでください(笑) それは冗談だとしても合同説明会に行くのは

この内定ガイドを読んでからでも遅くないでしょう。

 


企業を選ぶ基準は色々あると思いますが、一番プライオリティーを高くすべきことが、1つあると思っています。

一体それは何なのか?

そして、なぜそう言えるのか?

これらについてお答えしていきます。
「企業を人で選ぶ」という考えは多くの就活生が考えることですが、

1つだけ見落としていることがあります。

この1つの事を見落としをしたために、

グループ面接で一緒だった学生は面接官に説教されていました。

こういった事例を交えながら、人で選ぶことの見落としとは何なのか、

そして、もっとも重要なポイントとは何なのかをお話します。


 

 

限定200部

【お届け方法】
この商品にはダウンロード版と冊子版があります。
ダウンロード版はPDFファイルになります。

ダウンロードとオンライン通販いずれかを選択してください。
そして、必要事項をご入力ください。

お申し込み後、インフォトップよりメールが届きます。
そちらに記載された方法に従って、お支払いを完了してください。
支払いが完了しますと、入金確認のメールが届きます。

入金確認のメールにダウンロードページへのリンクがあるので、
そちらからダウンロードサイトへ入り、教材をお読みください。

冊子版は営業日換算で3日以内にご自宅に配送します。
※土日の配送は行っておりません。

 

※SSL暗号通信により、通信がすべて暗号化されますので、
ご記入された内容は安全に送信されます。

 



んなはずじゃなかったのに・・・

 

なんて未練を残したくはなかった。

 

だから僕は寝る時間を削って、学校にも行かないで、遊ぶ時間を無くして、バイトも最小限にとどめて、

必死で就職活動をがんばりました。

もし、あの時もっと本気でがんばってれば・・・
もし、あの時もっと挑戦していれば・・・

もし、あの時もっと勇気を出していれば・・・

そう思ったって時を戻すことはできません。

やらなかったことは、結果がどうなったか分からない。

だから、一生後悔し続けてしまうのと思います。


もし、やってみてちょっとくらい失敗したとしても、

そこで頑張った自分に対しての、後悔はないと思います。


後悔するのは、やりたかったことをやらなかったときや、 本気になれずに中途半端なことをしていたときです。

 

勉強は中途半端で最低限の努力でやることばっかりを考えてました。

運動は苦手で、逃げてばかりいました。

好きな人に思いを伝えて断られるのを恐れ、結局何も出来ないままでした。

大学時代も怠けてダラダラすごしてしまいました。

そんな昔の自分へ後悔ばかりだったから。

「なんでもっとがんばらなかったんだと」いつも思ってたから。

やってみて失敗するよりも、何もしない後悔の方がずっと辛いことが分かったから。

「辛いことは沢山あるかもしれないけど、最後は笑って就活を終えてたい。」

「1年後の自分が今を振り返ってよくがんばったなと言えるようになっていたい。」

そう心から決意しました。

5年後、10年後の自分が
「あの時、就職をがんばってこの会社に入れて本当によかった」

そう思えるようになりたかったんです。

悔いのない、納得できる就活を望むならこちらをクリックして下さい

 




僕は、就活を始める前、まさか自分がここまでやれるとは思っていませんでした。

 

僕の就活中の平均睡眠時間は4時間です。


朝6時におきて、夜の2時に寝る。

昼間は会社を訪問し、空き時間にはエントリーシートに頭を悩ませ、

時には師匠に相談し、時には友人と愚痴を言い合い、

時には選考に受かっては喜び、次で落とされては悲しみ・・・


どんなに面接で辛い目にあっても、 どんなに恥をかいても、

自分の出来ることを考え、工夫し、試行錯誤し、

自分を向上させることをだけを考えてすごしてきました。


そして、6社の内定を手にしました。

どれも、絶対に無理だと思っていたような企業でした。

僕が成し遂げたことを、次のステージに進もうとするあなたに伝えたい。

すごい学生に出会って、自分と比べてしまい凹むこともあるでしょう。

やりたいことさえ分からない自分が嫌になることもあるでしょう。

アピールできる経験や資格が無い事を恨むときもあるでしょう。

上手に話せない自分に嫌気がさす事もあるでしょう。

面接では手ごたえありと思ったのに、結果は不合格でやりきれない思いになることもあるでしょう。

でも、そのすべてが成功につながります。

崖っぷちに立たされ、自身を失い、
「自分は誰からも必要とされない価値のない人間なんだ」
「完全な負け犬だ」

そう思って絶望しているとき、実は、幸福の女神が陰に隠れて微笑んでいるのです。

どうやってその難局を切り抜けるのかテストされているのです。

成功は逆境から始まります。

障害はマイナスではありません。 障害が大きいほど、成功もでかいんです。

その時の達成感、開放感、感動は言葉にできないほど大きいのです。

 

抱えている不利な条件、障害を成功にかえる鍵をあなたに『継承』します。

これは、あなたの中のヒーローを見出すステップです。

 




あなたが第一志望の会社から内定の電話を貰う姿を想像できるでしょうか?


今まで絶対に無理だと思っていた企業から内定を貰うその瞬間を想像できますか?

内定の報告をした時、涙を流して喜んでくれる両親の姿を想像できますか?


友人からは「おめでとう!」と声をかけられ、

「一体、何をやったらそんな会社に入社できるんだ」と聞いてきます。

内定先を言うたびに、「すごい!」と羨望の眼差しでみられることを想像できますか?

 

就活を通じて人間的に大きく成長したあなたの姿を想像できるでしょうか?

やりきったという達成感と、自信にみなぎったあなたを想像できるでしょうか?

 

そして、あなた自身がワクワクした気持ちで未来への希望を胸にふくらませている姿

本当にやりたい仕事に就いて、輝いて生きる夢を持った社会人として活躍している姿、

社会に貢献し、お客さんに喜ばれる姿を想像できますか?

このような事は、決して夢でも幻でもありません。

 

どこからも内定がもらえずにいた状況から、理想としている企業の内定をつかむまでの

具体的な方法をステップバイステップですべてマスターできるようになります。

運命を変えて、望みの内定を手に入れる事に真剣なあなたは販売予定数が埋まる前に


今すぐここをクリックして知らせて下さい。

 


ココからは、よくある質問にお答えします。

Q. 支払い方法について教えてください。また、分割払いはできますか?


A.

支払いの方法は

1、銀行振り込み

2、クレジットカード

3、コンビニ決済

4、BITCASH

5、代金引換(冊子版のみ)

の5つがあります。

ご購入画面でお選びください。

お支払いは、基本的に一括ですが、

セット購入をして、1万円以上になった場合は最低3000円からの分割払いも可能です。

 


Q. 本当に価値があるの?

 

A.
今、この瞬間に参加するかどうか、購入するかどうかを決める必要はありません。

まずは体験してください。

とりあえず参加申し込みをして、全部の内容を確認した後に、 購入するかしないかを決め下さい。
参加を迷っている人は『無料』で入手してください。

どういうことかと言えば、この教材には「返金保障」がついています。

なので、とりあえず無料で手に入れて、 その後効果が出なかったら返金を申請してください。

あなたは、本当は少し興味はあるけど 本当に自分に役に立つノウハウかどうか信用できない、 騙されているんじゃないか、 と不安を感じているのかも知れません。

なので、まずは『仮購入』してください。

今、購入するかしないかを決めるのではなく、

まず無料で立ち読みし、 そして、この教材がどれだけ役に立つのか実感してください。

 

※SSL暗号通信により、通信がすべて暗号化されますので、
ご記入された内容は安全に送信されます。

 


ネット上で売られているのは怪しい。 本当に商品が届くのか?

 

もしかしたら、こんな風に思っているかもしれません。

ですが、そんな事したら完全に違法で、詐欺です。絶対にありません。

ありえませんが、万が一そんなことになったら私を消費者センターに訴えてください。

消費者センター 03-3235-1155

マニュアルは私が個人で管理しているのではなく、代理企業を経由した上で販売をしています。また、どうしてもご不安な場合は「代引き」をご利用ください。


商品到着時に支払いをしていただくことが出来ますので、確実にあなたの元へ届きます。

全216ページ

 

興味あるけど、ネットだし怖いな・・・

と思いました。
でも、就活するなら嫌々するより、
もっとワクワクした気持ちでしたいと思ったので購入しました。

 

今は買って良かったと思っています。

 

内定ガイドは、全部読みました。

私は今までいろいろな就活本を読んだり、話を聞いたりしてきたのですが、

言われたことをイメージしたり実践したりすることが出来ませんでした。


1週間前、テストもそろそろ落ち着いてきたから、

また就活しっかり頑張ろうかなと思ってエントリーシートを書き始めました。

しかし、何時間経っても書けないのです。

そのうち自己PRって何?志望動機って何?

と、頭の中が?でいっぱいになったのです。

書きたいことはたくさんあるのに、うまく書けない。

ネットで調べていたら、内定ガイドのページにたどり着きました。


始めは、興味あるけどネットだしなんだか怖いな・・・と思いました。

でも、どうにかしたかったんです。

就活するなら嫌々するより、もっとワクワクした気持ちでしたいと思ったので購入しました。
今は買ってよかったと思っています。


私は大学でチアリーダー部に所属していて、

よし!エントリーシートの内容は困らない!と思っていました。


でも、その経験だけじゃ何も書けない。

経験したことの内容が大事、ではなく、〇〇が大事なのだということに気づきました。

 

 

まだまだ私は内定ガイドを読み込む必要があります。

じっくりしっかり取り組みます。

もう少しして軌道にのってきたらまたメールさせてください。


購入した後も吉田さんからたくさんメールが送られてきたこと。

買ったら終わりではなく、

しっかりサポートしてもらえていると思うと嬉しくなりました。

ありがとうございます。

          工藤さん

 

はじめは半信半疑でしたが、自分の知りたいことが分かるかもしれないと思い、購入しました。

 

ダウンロードしすぐに読み始め、読み終わる頃には買ってよかったと心から思いました。

 

初めまして、先日「内定ガイド」を購入させて頂きました、

関西大学の浦川と申します。


これまで就活本を見ながら、ESや履歴書、面接に取り組んできました。

しかし結果はバラバラで、一体ダメだった所は何がダメで、

次選考に進めた所は何が良かったのか、さっぱり分かりませんでした。


また、自己分析のやり方がよく分からず、

就活本を見ても成功例が書かれているだけで

「自己分析とは何なのか」

「まず何をすべきなのか」

ということは一切書かれていませんでした。


そうして色々と途方に暮れていたところ、

偶然「内定ガイド」のことを知りました。


はじめは半信半疑でしたが、

自分の知りたいことが分かるかもしれないと思い、購入しました。

ダウンロードしすぐに読み始め、

読み終わる頃には買ってよかったと心から思いました。

そして「意味」を知ることの大切さを学ばせて頂きました。


現在、次の選考に向けて、内定ガイドを参考に準備に取り組んでいます。

今までは選考の際、不安でいっぱいでしたが、

今は自分が何が好きで何をやりたいのかという

方向性が見えているので、落ち着いて向き合うことが出来るようになりました。

      関西大学 浦川さん

 

「あ、この勘違い屋、私のことだ。」 と何度も思いました。

 

内定ガイドを購入した山本です。

昨日、最初から最後まで一気に読ませていただきました。

また、メルマガも毎回読ませていただいています。

とても勉強になりました。「あ、この勘違い屋、私のことだ。」

と何度も思いました。

早速自己分析ノートを一冊決め、自分と向き合ってます。

自己分析、志望動機を書いていて、何か矛盾を感じたり、

納得がいかなかったり・・・。

1社の志望動機を考えるのに、あれでもない、これでもないと

1日中悩んだりしていました。

友達と話していて、最近の口癖は「もう就活したくない」でした。

でも、今では就活に対する考え方がガラッと変わりました。

         山本さん

 

今まで自分が行った就職活動は表面的
(ただ周囲のやり方を真似ただけ)
なものだと痛切に感じ、そしてショックを受けました。

 

先程、全てを読ませていただきました。

貴書を通じて、今まで自分が行った就職活動は

表面的(ただ周囲のやり方を真似ただけ)なものだと

痛切に感じ、そしてショックを受けました。

今後、貴書を通じて就職活動に専念したいと思います。

今後ともご指導の程、よろしくお願いいたします。

         木村さん

 

このガイドを読み終えた頃には、
今の自分に出来る事をしたくなり、
手がウズウズして仕方ありませんでした。

 

初めまして。冨山と申します。

そして自分は、まだ現在は高校生です。そして今年から専門生です。

本当はまだこういうのはまだ読むには早いと思いながらも

読ませて頂きました。

ですが、読ませて頂いた後には、

「今、このガイドが読めて良かった」とそう思います。

自分はバイト等をしていますが、

まだ世間というモノを完全に知らない為、どういう事をするのかが、

気になって仕方なく不安でした。

しかし、そんな時に吉田さんのHPをお目にし、ガイドを購入しました。

正直を言いますと、初めの方は情報を買った事をなどなかったので、

「ちょっと損したかも・・・」と思いつつ、ガイドが開き見ました。

すると、読んでいる内に、だんだんと他の事を考えられなくなる位に、

このガイドを読みふけっていました。

このガイドを読み終えた頃には、今の自分に出来る事をしたくなり、

手がウズウズして仕方ありませんでした。

今は、まだ就活は少し先ですが、これを読んだ今なら分かります。

「早過ぎるなんて事なんてなく、むしろ今からやって方が良い。」

とこの度は大変に良い物を読ませて頂きまして誠に有難う御座いました。

      高校生 冨山さん

 

企業に好かれるためには、こう書く、あれを書くなど
「自分を偽ること」は仕方ないとも思っていました。

 

内定ガイド一通り目を通させていただきました。

私は、就活で大切なのはテクニックだと思っていた部分がありました。

企業に好かれるためには、こう書く、あれを書く、

など企業に好かれるために自分を偽ることは

仕方ないとも思っていました。


しかし、それは違うのだと言う事を内定ガイドを通して気づきました。

自分のやりたいことを見つけること、

そしてそれを伝えることが必要なことであって、

本心でもないことを着飾る必要はないのだと実感しました。

 

また、自己分析はいつかやればいいや、やり方よくわからないし・・・

と自己分析セミナーに1,2回参加した以外は特に何もしておらず、

いざエントリーシートを書く時になってみると、

どのように何を書けば良いのか、

自分が何なのかわからなくなっていたので、

内定ガイドで自己分析の大切さ、

そしてやり方を教えて頂けたことで初めて本格的な自己分析ができました。

 

そしてうっすらとしかわかっていなかった自分のやりたいこと、

好きなことがそれはなぜなのかという深い部分までしっかり見えてきた気がします。

 

内定ガイドがなければ、はっきりとした自分を持たないまま

エントリーシートを書く事に苦戦していたと思います。

ありがとうございます。


もっともっと自分を突き詰めていきたいので、

これからも自己分析は行っていきたいと思います。

 

しかし、私は選考も始まっていないので、

まだ結果がわからないということもあり、今の時点では、

こうすれば良いのか!

という手ごたえが感じられていないのも事実ですが、

今後また選考の経過を報告させて頂きたいと思います。

     上智大学 永井さん

 

今まで自分は何をやってたのかと思いました。
でも、もう私には、このガイドがあるから怖くありません。

 

内定ガイドを拝見しました。

よんで、すぐの感想が、すごい。。。の一言です。

今まで自分は何をやってたのかと思いました。

でも、もう私には、このガイドがあるから怖くありません。

いざ、行動に移して、本当にやりたいことを目指してがんばります。

         渡邊さん

 

自己分析と言っても一体何をやっていいのかがわかりませんでした。
そこでこのガイドを読んだとき、自己分析の大切さや、何をやればいいのかが明確に書いてありました。

 

はじめまして、神奈川大学工学部3年の宮本です。

内定ガイドありがとうございました。

ガイドを読み終えて思ったことは、自分は会社を選ぶに当たって、

自分がなんとなく 興味があることが出来る会社を選んでいました。

しかし、なんとなくでは、いざESを書こうとしたとき、

自分の軸がしっかりしてい ないことに気付きました。

つまり、しっかりと自己分析が出来ていせんでした。

でも、自己分析と言っても一体何をやっていいのかがわかりませんでした。

そこでこのガイドを読んだとき、自己分析の大切さや自己分析は

何をやればいいのか を明確に書いてありました。

今から過去の自分をしっかりと振り返り、どんどんノートに書いて

自分の特性を見いだしたいと思います。

ESの書き方や、面接、GDのやり方もとても参考になりました。

早速、自己分析を始めたいと思います。

   神奈川大学 宮本さん

 

書店で売られている就職活動の本と全然違いました。

 

こんばんは。 渡辺と申します。

内定ガイド、拝見しました。

書店で売られている就職活動の本と全然違いました。

買って良かったです!!

これから、実践して、大きな不安を大きな自信に変えたいと思います。

         渡辺さん

 

まだ面接まで時間があり早い段階でこのマニュアルに出会って良かったです。

 

本日ダウンロードしてすべて一気によんでしまいました。

自分の考えていた自己PRや志望動機を

もう一度考え直さないといけないなぁと思いました。

まだ面接まで時間があり早い段階でこの商材にであって良かったです。

         伊藤さん

 

思い切って購入して良かったと実感しております。

 

初めまして。「内定ガイド」を購入させていただいた大野と申します。

購入後、何度か読ませていただきましたが、

改めて思い切って購入して良かったと実感しております。

実は、私は現在大学2年生で、大学3年生ではないので、

就職活動開始まではまだ(一応)時間があります。

それにも関わらず購入させていただいたのは、

私の大学では3年から専門課程になり、

大学の勉強に追われることが予測できるため、

まだ余裕のある2年生のうちに就職活動とはどんなものかを、

少しでも知っておきたいと思ったからです。

         大野さん

 

今まで何冊も就活本を読んできましたが、それらとは比べ物にならないくらい参考になりました。

 

これはもう就職活動マニュアルの域を超えています。

目先の内定だけでない、

今後の人生で大切なことを気付かせて頂きました。

適切な考え方、仕事ということ、働くということ、

そして、全く知らなかったGDのポイント、

すごく具体的なESと面接の対策、

新しい気付きが数えくれないくらいあり

「目からうろこが落ちる」ということを本当に実感しました。

応用の利かない裏技ではなく、

非常に実践的で使えるノウハウばかりです。

自分にとって本当に大切な事を教えれくれる一冊です。

  青山学院大学 及川さん

 

すべてにおいて本質を突いていて、今までの私がどれ程無駄なことをしていたかを思い知りました。

 

インターンシップに申し込んだものの、4連敗してしまい悩んでいた時、

このマニュアルに出会いました。

そして、私の考えは根底から変わったのです。

自分の自己PRや志望動機は、ただ取り繕っていただけのもの

だったのだと、思い知りました。

自己PR、志望動機といったことの本質を正しく理解し、

もう一度インターンシップに申し込んだ結果、

信じられないくらいESと面接が通るようになり、

あっさりと合格してしまいました。

正しいやり方を知らないことは大損です。

何をやるにもまずは正しい方法を学ぶことが重要だと実感しました。

         前田さん

 


 

このマニュアルをまず体験してください。

参加申し込みをして、全部の内容を確認した後に、

購入するかしないかを決めて下さい。
あなたの選択は2つだけです。

1つは、内定ガイドを読んで本当にやりたい事に出会い、望み通りの会社から内定を貰う

もう1つは、マニュアルを実践しても結果が出なかったら返金申請をして無料で貰う
どちらになろうとも、あなたに損はないのではありませんか?

 

 

 

私は就活において本当に大切な事をあなたに伝えたいと言う想いで

このマニュアルを作りました。
これは特別なオファーです。
全国で数万人いる就活生のうち、40億以上あるウェブサイトから
このページを見つけたのはごく一部でしょう。
多くの就活生は存在すら知らないこの手紙に出会い、
この就活の真髄の存在を知ったあなたは幸運ともいえます。


あとは、ほんの少しの決断力さえあれば、あなたの就職活動は180度変わります。


今までどんな過去だったかは関係ありません。
今、この瞬間に決断するというその「行動力」が、あなたにとって1つの壁を破ることになるのです。
そして、ゴールデンウィーク頃には「本当にあの時、思い切って決断して良かった」
そうしみじみと感じながら、達成感と満足感いっぱいに就活を終えることになるのです。

夢を実現する未来が待っています。こちらをクリックしてください。

 

 



就活は、ある日ふと何かに気付き、

そこから一気に形勢逆転していくという事があります。


それは、就活を始めて1ヶ月足らずで訪れるかもしれませんし、

逆に最後まで訪れないかもしれません。


私は、この手紙の中で紹介したAさんとの出会いで

そのキッカケをつかむ事ができ、

その日を境に一気に内定への道を駆け上がる事ができました。


私の人生そのものにおける転機であったと思います。

 

そう言った意味で、私は幸運だったのかもしれません。


では、そういった気付きを得られない多くの方を、

不運だったの一言で済ませてしまっても良いのでしょうか?


一生懸命に就活をしていると言うのに、
大事なことを知らない為に報われない努力になってしまう。


それで本当に良いのでしょうか?

 


私が気付きを得たように、
次は私があなたに人生の大きな気付きを与えたいのです。


あなたは幸せな人生のために、この就活で内定を好き放題取り、
輝く人生を生きる準備はできましたか?

 

はい!もちろんです!

※SSL暗号通信により、通信がすべて暗号化されますので、
ご記入された内容は安全に送信されます。