就職・転職に強い!将来性あるプログラミング言語5選【2019年】

プログラマーになりたい初心者へ
とにかくIT職へ就職したい20代の方は ”0円の学校” で学ぶのがおすすめです

無料プログラミングスクール5校+α

プログラミング言語”Perl”って何?難しい?Perlプログラマー難易度・将来性・年収

Perlって何?難しい?Perlプログラマー難易度・将来性・年収 プログラミング言語

これからプログラミング学習を始める方がまず悩むのが、言語選びです。

ここではPerlについて解説しますね。

Perlは、IT業界で10年以上働いているプログラマーには、非常に知名度の高いプログラミング言語です。

プログラマーを目指している方でPerlの名前を聞いたことのある方もいると思いますが、どんな言語なのかまでは知らない方も多いでしょう。

Perlについて詳しく知らない方が多い理由は、ここ数年、Perlは求人数が減少しており話題にあがらないからです。

ただしプログラマーとして働き始めると、Perlを使う仕事をすることになる可能性もゼロではありません。

すでにPerl学習が必要な状況になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、Perlの難易度や将来性などご紹介していきます。

スポンサーリンク

Perlとは

Perlは、Webコンテンツ開発で使われるプログラミング言語の1つです。

Pearlは現在主要とされているプログラミング言語のなかでも歴史が深く、1987年に公開された言語です。

C言語などを元につくられています。

文字列の操作が、Pearl以前のプログラミング言語に比べて簡易だったため、プログラミング初心者にもおすすめの言語でした。

Perlは、下記プログラミング言語に影響を与えています。

上記のプログラミング言語からもわかるように、現在人気のWebプログラミング言語はほとんどPerlがもとになっています。

就職・転職に強い!将来性あるプログラミング言語5選【2019年】
新卒や第二新卒の20代の人であれば、未経験プログラマーとしての就職はそれほど難易度は高くありません。 ですが、未経...

Pearlの特徴

Perlは、テキスト処理が他のプログラミング言語よりも優れています。

他のプログラミング言語では何十行も記述する必要があるところ、Perlであれば、短いコードでプログラミングすることができるのが特徴です。

テキスト処理を簡易にできることで、Web上での重要なデータ保存処理や検索機能を容易に行なうことができるのです。

Perlで開発できるシステム

Perlで開発できる代表的なシステムは下記になります。

  • 掲示板
  • カウンタ
  • 買い物カート

WebサイトやECサイトに必要な、これらの機能をつくることができるのがPerlです。

また、PerlはWebプログラミング言語なので、動的なサイト作成に使われることもあります。

Perlの習得難易度

Perlはプログラミング言語のなかでも、習得難易度はそれほど高い言語ではなく、プログラミング初心者におすすめの言語です。

文法はプログラミング言語の基本となっているC言語に近く、癖がないため、基本構文も習得しやすいです。

実践的な技術習得は難易度が高い

Perlは上述の通り、癖のない汎用的なプログラミング言語です。

汎用的なプログラミング言語のデメリットは、他のプログラマーが書いたコードが読みにくいことです。

PerlはPythonのように、どんなプログラマーが書いても似たようなコードとはならないため、チームでの開発やエラー対応などのシーンでは苦労するでしょう。

Pearlプログラマーの就職先

Perlプログラマーの主な就職先は、

  • Webサイト制作会社
  • Webアプリ制作会社

このようなWeb業界のみになります。

しかしIT業界のなかでも特にWeb業界は求人数が多いため、求人数が少ないわけではありません。

Perlプログラマーの在宅ワークは少ない

PHPなどのWeb系のプログラミング言語を習得するメリットとして、在宅プログラマーとして働ける点があげられます。

しかしPerlは、PHPなど他のWeb系プログラミング言語に比べて求人数や仕事の数が少なく、在宅プログラマーとしてPerl1本で食べていくのは難しいでしょう。

Perlの将来性・需要

ここからは、Perlの将来性とその需要について紹介していきます。

10年ほど前までは、

「Webプログラミング言語と言えば、Perlが1番!」

こんな時代がありましたが、現在、Perlでの新規開発求人数は減少傾向にあります。

新規開発の求人は少ないですが、既存システムの保守や開発の仕事はあるため、Perlプログラマーの需要はあります。

今後のPerlの需要

Perlプログラマーの今後の需要についてですが、期待できません。

Web開発の主流は、

  • WebフレームワークではRuby on Railsを使えるRuby
  • CMSでは、WordPressと相性の良いPHP

となっていますので、今後もプログラマーを長く続けたい方には、Perl学習はおすすめではありません。

Perlプログラマーの年収

Perlプログラマーの平均年収は520万円前後です。

プログラマー全体の平均年収は420万円前後になるため、決して低いわけではありません。

しかし数年前までは、Perlプログラマーの平均年収は550万円以上でしたので、年々徐々に平均年収が下がっている結果となっています。

年収面から考えても、今からPerl学習するのはおすすめではありません。

キャリアアップ前提で、Perlはおすすめ

ここまでの紹介で、Perlに対してあまりよいイメージが沸かない方が多いですよね。

しかしキャリア変更を前提とするなら、需要が減ってきていて、ライバルが少ないPerlプログラマーを目指すのはおすすめです。

求人数が少なく雇用条件も限られてしまいますが、Perlは比較的、就職や転職がしやすい言語です。

システムエンジニアやプロジェクトマネージャーにキャリアチャンジすれば、これまで習得したプログラミング言語の種類は、業務に直接関係がなくなります。

IT業界で働くための第一歩としてPerl学習を選択することは、決して悪くはありません。

まとめ

Web業界で人気を誇ったPerlがここまで衰退することは…10年前では考えられなかったことです。

他のプログラミング言語を含めて、さらに10年後のことは、予測はできてもどのような需要が起きるかはわかりませんよね。

IT業界では、日々新しい技術が登場しています。

将来性があるプログラミング言語を学習することも大事なポイントとなりますが、プログラマーとして働き始めた後も新しい技術を習得し続けることが、業界で生き残るためには重要です。

【完全無料】プログラミングスクール5校+α

「独学でのプログラミング学習に挫折しそう。でもプログラミングスクールは学費が高い...」

ITエンジニアに必須の”Java”や、Web系開発に欠かせない"PHP"など、プログラミングをタダで学びたい方に【無料】のプログラミングスクール5校+αを紹介しています。

Ten

フリーランスプログラマー/SEです。プログラミング歴は7年ほど。
ブラック企業を辞め、現在在宅フリーランスとして活動中です。

Tenをフォローする
プログラミング言語
スポンサーリンク
プログラマー転職
タイトルとURLをコピーしました