プログラマーになるには

プログラマーのなり方

AIを始めとするIT技術の発展により、将来なくなる職業が話題になったことで「将来性のある業界」としてIT業界への転職人気が高まっています。

なかでも求人倍率が高く、年収が高く、そして将来性があることからプログラマーになりたい人は急増中です。

新卒・第二新卒の方はもちろんですが、30代でプログラミングを学び転職を試みる人、また主婦などの女性でもプログラマーを目指している方は多いです。

当ブログは「プログラマーへ転職したい人」のためのブログです。

プログラマーになる方法や転職に有利な情報をまとめていますので、プログラマー志望の方はぜひ参考になさってくださいね。

プログラマーとは

まず、プログラマーとはどんな職業なのでしょうか?

プログラマーの仕事について解説しますね。

プログラマーの仕事とは「プログラミング言語を使いシステムの開発する仕事」です。

システム開発はプログラマーだけで行うのではなく、システムエンジニアなど他の職種の人々と協力して開発します。

プログラマーに必要なスキル

プログラマーになるには「プログラミング言語の知識」が必要不可欠です。

さらにプログラミング言語のスキル以外にも、もOffice製品の知識・コミュニケーション能力などが必要です。

また、日々めまぐるしく登場する最新の技術やプログラミング言語を早い時期に習得することで、他のプログラマーよりも活躍することができます。

プログラマーになるために必要な資格は特にありませんが、さまざまな知識やビジネススキルが必要となる仕事です。

プログラマーの年収

プログラマーの平均年収は500万円前後です。

IT業界の仕事【2019年】人気職種の年収・仕事内容・難易度を総まとめ - 20代女性のWeb転職|じょしてん!

フリーランスで優秀なプログラマーだと、年収1,000万円を超える人も少なくありません。

ちなみに女性プログラマーの平均年収は400万円前後。

残業が男性プログラマーに比べて少ない場合が多いので、男性よりは低いですが、一般的事務などの他の業種の女性の平均年収と比べると、なんと100万円近く高い収入となっています。

プログラマーの将来性

プログラマーをはじめIT業界の職種は将来性があります。

少なくとも数年以内になくなる職業だとは今のところ考えられません。

ただし、プログラマーの仕事はシステム設計書をもとにプログラミングすることが仕事の中心になるため、AIや開発ツールの発展により役割が変わる可能性はあります。

プログラマーになった後も今後の需要を見極めつつ、新しいスキルやプログラミング言語を習得していれば、生涯仕事に困ることはありません。

新卒・第二新卒がプログラマーになる方法

新卒や第二新卒の方と、未経験者が中途採用を目指す方では「プログラマーになる方法」違います。

まずは新卒や第二新卒の方ログラマーになる方法からご紹介していきますね。

新卒・第二新卒なら未経験でもOK

新卒や第二新卒の方がプログラマーとして就職したい場合、プログラミングの知識やスキルがなくても採用される例も少なくありません。

IT業界は慢性的な人材不足です。

手取り足取り新人を教育する余力がない企業が多いのは事実ですが、業界の将来性を見込んで新卒枠を各企業が設けています。

20代の方は積極的に求人に応募することで、未経験でもプログラマーとして採用されるチャンスが多くあります。

就職エージェントを使って就職活動

新卒や第二新卒の方は、未経験でも就職エージェントを利用して就職活動ができます。

数あるなかでもおすすめなのは「WORKPORT

基本的に就職エージェントが扱う優良なプログラマー募集条件は、”経験者”が対象となっていることが多いです。

WORKPORTはIT業界に特化した就職エージェントであり、さらに”未経験OK”の求人案件を多く扱っている唯一無二の転職エージェントです。

エージェントを使うと、条件にあった就職先を紹介してくれるのはもちろん、面接のアドバイスやスケジュール管理・企業との交渉など、未経験者にとって心強いサービスが全て無料で受けられます。

未経験からのIT業界転職なら

WORKPORT

中途採用でプログラマーになる方法

ここからは「20代後半〜30代の方が未経験から中途採用でプログラマーになる方法」について紹介していきますね。

新卒や第二新卒の方と違い、この年齢になると年齢のアドバンテージがないため、企業側は未経験者は雇いたがらないのが事実です。

即戦力で働ける人材が優先して採用されるため、未経験から実務をしつつ学ばせてくれる企業は、残念ながらほとんどないと言っても過言ではありません。

プログラミングを勉強し、転職を有利にする

20代後半〜30代で未経験からプログラマーになるためには、即戦力となる人材が優先されます。

まずは自分が開発したいジャンルのシステムで「需要が高い」プログラミング言語を習得しましょう。

応募する企業や面接官によって採用基準が異なるため、稀にプログラミング言語を習得していない方でも採用されることもありますが、基本的にはプログラミングの基礎知識は必須です。

どれがおすすめ?これから伸びるプログラミング言語3つ【将来性がある】
プログラマーになりたい!と、プログラミング言語の勉強を始める人が増えています。 しかしプログラミング言語に興味があった方や大学で学んだという方でなければ、何からプログラミングの勉強を始めればよいか悩んでしまいませんか? 特にプロ...

プログラマーとして働きはじめると、必ず「コードを書く」ということが必要になります。

プログラムをつくってみよう

プログラミングの基礎を学んだら、実際にプログラムを作ってみることが重要です。

あなたの理解度のチェックにもなりますし、面接官にあなたの技術力をアピールするのにとても有利です。

入門書を読んだだけでプログラミングを理解できたと錯覚する方が多いため、面接官は「自称プログラミング習得者」と「プログラミングができない人」とを同列に扱うことも少なくありません。

基本的な技術が備わっていることをアピールできるシステムを自作して、面接に挑むことで評価を上げることができます。

プログラミングの勉強方法

中途採用からプログラマーになるために、プログラミング言語の習得は最重要だと認識して頂けましたか?

ここからは「プログラミング未経験がプログラミングを習得する方法」について紹介します。

勉強方法は2通りあります。

  1. 書籍・インターネットで独学する
  2. プログラミングスクールで勉強する

順に説明しますね。

1. 書籍・インターネットで独学する

手軽に誰でもプログラミングの勉強をはじめられる方法として、書籍やインターネットでの独学があげられます。

独学は少額の予算、または無料で、あなたの好きなペースでプログラミング学習ができます。

ただし、独学の場合デメリットとしてあげられるのが、わからない箇所やコードを実行してエラーになったときに「自己解決しなければならない」ということです。

結果としてプログラミングの習得に長い期間かかり、最終的に挫折してしまう方も少なくありません。

2. プログラミングスクールで勉強する

独学以外の勉強方法では、プログラミングスクールに通う学習方法があげられます。

決して安くはない受講料が必要になるため、独学に比べて習得までの費用が高くなるでしょう。

ですが、プログラミングスクールのなかには、転職保証という「就職できなければ全額返金」という制度を設けている学校があります。

初期費用はかかりますが、スクール選びを慎重に行えば「転職できる」という大きなメリットがメリットがあります。

転職できなければ受講料は返金されますので、転職や就職目的でプログラマーになりたい人にはぴったりですよね。

またプログラミングの習得も独学と違い、講師が直接教えてくれるため自己解決する必要がなく、考え抜かれてつくられたカリキュラムによって効率よく学習することができます。

おすすめはプログラミングスクール

結論として、独学とプログラミングスクールどちらがよいかというと、やはりおすすめはプログラミングスクールで学ぶことです。

上述した通り、プログラミングを効率よく習得できるだけでなく、転職サポートがあるため、未経験の転職希望者にとって大きなメリットとなります。

また、講師などのメンターと交流をもつことにより、プログラミングの知識だけでなく、IT業界のセオリーや言語のトレンドなど書籍だけでは学ぶことのできない貴重な現場の声を知ることもできます。

プログラマーになるために重要なこと

新卒や第二新卒の方、未経験の中途採用方、このどちらにも共通して重要なことをご紹介します。

面接に挑む前の準備としておすすめです。

応募する企業の情報を詳しく調べる

就職活動の基本ですが、応募する企業について詳しく調べることはIT業界でも非常に重要です。

プログラマーになりたい方で「手当たり次第、いろんな企業に応募してみる」という方が多いですが、企業としてはそういう人を雇いたいとは思いません。

応募する会社が開発しているシステムや力を入れている取り組みなどを調べた上で「その企業でだからこそプログラマーをしたい」とアピールすることが採用への近道です。

将来設計まで考えて面接に挑む

正社員の仕事へ応募する以上、企業側は「あなたのの将来性に期待をして」採用するかどうかを判断します。

プログラマーになりたいだけでなく「将来システムエンジニアになりたい」「将来AI開発をしたい」など、直近ではなく数年先までの将来設計を持って面接に挑むのがおすすめです。

年齢や状況によってプログラマーへなる方法は異なりますが「まずはともあれ行動すること」が重要です。

未経験の方がプログラマーとして就職や転職を場合、年齢が若ければ若いほど採用されやすく、年齢が高くなるほど採用される可能性は低くなります。

プログラマーを本気で目指すのであれば、今すぐできることから始めましょう。

タイトルとURLをコピーしました