就職・転職に強い!将来性あるプログラミング言語5選【2019年】

プログラマーになりたい初心者へ
とにかくIT職へ就職したい20代の方は ”0円の学校” で学ぶのがおすすめです

無料プログラミングスクール5校+α

HTML/CSSとは?難しい?HTMLコーダー難易度・将来性・年収

HTML/CSSとは?稼げる?HTMLコーダーの将来性・難易度・年収まとめ プログラミング言語

Web業界で働くなら必須と言われるHTML/CSSですが、「HTMLって何?CSSって何?」という方もいらっしゃいますよね。

「Webサイトで使うプログラミング言語のこと?」
「HTMLとCSSの違いって何?」
「WebプログラマーとHTMLコーダーって違うの?」

初心者ならこのような疑問を持たれるかもしれません。

また、HTMLとCSSのスキルを身につけるだけで、就職できたり、高収入を得ることができるかどうかも気になるところではないでしょうか。

この記事では、HTMLとCSSについて詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

HTML/CSSとは

HTML/CSSとは?稼げる?HTMLコーダーの将来性・難易度・年収まとめ

あなたがブラウザ上でみるWebサイトのほとんどは、HTMLで構築されています。

例えば、今あなたが読んでいるこの文字もHTMLで表現されています。

ブラウザ上に表示されている文字・お問い合わせフォーム・他のページへのリンクなどは、全てHTMLでつくられています。

HTMLはブラウザ上で「文書」を表示するときに使われる言語です。

CSSは、文字などの色・見出しの装飾などをはじめとする、ブラウザ上でWebサイトを見やすくするための「デザイン」を表現する言語です。

また近年普及しているスマホ/タブレット用のレイアウトデザインも、CSSで制御することができます。

HTML/CSSはプログラミング言語ではない

よく勘違いされるのですが、HTMLもCSSも、実はプログラミング言語ではありません。

HTMLはマークアップ言語で、CSSはスタイルシート言語です。

例えば、求人情報の募集要項で、

「プログラミングの経験、または知識があること」

このような条件が指定されている場合、HTMLとCSSのスキルだけでは採用されないことも多いため、注意が必要です。

HTML/CSSでつくれるもの

HTML/CSSでつくれるものは、下記のようなものです。

  • Webサイト全般(ブログ含む)
  • HTMLメール

他にも、社内向けポータルサイトなどにも使用されていることがあります。

HTML/CSSの習得難易度

HTMLもCSSも、JavaRubyなど他のプログラミング言語に比べて難易度がかなり低く、簡単です。

ITの知識が少ない方でも毎日コツコツ勉強すれば、1ヶ月ほどで習得できるでしょう。

まずは独学で勉強してみよう

HTML/CSSの勉強方法として、まずは独学にチャレンジされることをおすすめします。

難易度の高いプログラミング言語の場合、独学でもスキルを身につけることは可能とはいえ、多くの方が途中で挫折し諦めてしまいます。

しかしHTML/CSSは、難易度がかなり低いため、独学でも挫折することなく習得できる可能性が高いです。

HTML/CSSのスキルを身につけたい人は、まずは、書籍や学習サイトを使って学習してみましょう。

独学ではモチベーションがあがらない人や挫折してしまいそうな人は、無料のプログラミングスクールへの入学なども検討してみてくださいね。

HTML/CSS/Javascriptを学ぶなら

HTMLコーダーの就職先

HTML/CSSのスキルを習得すれば、HTMLコーダーとして働くことができます。

しかしHTMLコーダーの収入は低いため、長く続けることはおすすめできません。

また、将来AIなどによって自動化、もしくは超効率化される可能性のあるスキルでもあります。

IT業界未経験者であれば「IT/Web業界で働くきっかけ」として学び、他のプログラミング言語なども積極的に勉強していきましょう。

とはいえ、HTML/CSSはWeb業界で働くための最低限必須のスキルです。

PHPPythonプログラマーにも基本の知識となりますので、将来Web系開発に携わりたい方はぜひとも習得はしておいてくださいね。

さらに、アルバイトやパートの求人ではHTMLコーダーの募集が多いため、仕事が決まりやすい・実務をしながら経験を積める言語でもあります。

プログラミング言語 ”Python” とは?難しい?Pythonプログラマー難易度・将来性・年収
プログラマーになるためにはプログラミングスキルが必要です。 そこで初心者向けのおすすめのプログラミング言語を調べて...
プログラミング言語 ”PHP” とは?難しい?PHPプログラマー難易度・将来性・年収
Web系の開発で主流なプログラミング言語といえば、 JavaScript PHP Ruby Pe...

HTMLコーダーのキャリアアップ

HTML/CSSの習得後は、PhotoShopやIllustratorなどのデザインの勉強をし、Webデザイナーにキャリアアップするのがおすすめです。

また、「コードを書くのが好き」という方であれば、PHPやJavaScriptを学習し、Webプログラマーになるのもおすすめです。

どちらもHTMLコーダーに比べて収入も高く、将来性もあるため、しっかりキャリアプランをたてながら勉強をすすめていきましょう。

HTML/CSSの需要・将来性

WebサイトやWebコンテンツの需要がある限り、HTML/CSSがなくなることはありません。

しかし前述のとおり、HTMLコーダーの仕事はAIの発達により、自動化・超効率化されていく可能性が高いといえます。

つまりHTMLコーダーとして「将来的に仕事がなくなってしまう」可能性があるということです。

Web業界で働くならHTML/CSSの知識は必須

上述のとおり、AIの進化によって、HTML/CSSだけのスキルで収入を得られる仕事は、将来的なくなってしまう可能性が高いです。

しかしWebデザイナーやWebプログラマーとして働くなら、HTMLやCSSの知識は今後も必要不可欠です。

理由は、WebサイトやWebコンテンツはほぼHTML/CSSで構築されており、HTMLやCSSなしでは表現できないためです。

Web業界で働きたい方は、まず「基礎として」HTML/CSS学習を始めることがおすすめです。

HTML/CSS習得者の年収

HTML/CSS習得者の年収についてご紹介していきます。

・HTMLコーダー
・Webデザイナー
・Webプログラマー

上記のなかで、HTML/CSSだけの知識でなれる職業はHTMLコーダーだけですが、比較対象として、他2つの職業の収入面についてもご紹介します。

HTMLコーダーと他職業との年収比較

HTMLコーダーの平均年収は330万円前後です。

日本の平均年収が420万円前後であることから考えると、年収は低いといえるでしょう。

前述のとおり、HTML/CSSのスキルだけでは「将来性がない」ことを考慮すると、キャリアアップは必然となります。

Webデザイナーの平均年収

HTML/CSSのスキルに加えWebデザインの知識があれば、Webデザイナーになることができます。

Webデザイナーの平均年収は360万円前後です。

「IT業界の仕事って年収が低いの…?」

このように感じるかもしれませんが、これはデザインだけをする「デザイナー(Web)」を含む平均年収だからです。

  1. Webデザイン
  2. HTMLコーディング

この2つのスキルがあれば、平均年収よりさらに年収は高くなります。

また、クライアントサイドで動作するJavaScriptを習得し、フリーランスとして活動している方などは、年収1,000万円ほど稼ぐ方もいらっしゃいます。

Webプログラマーの平均年収

Webプログラミング言語の種類により年収は異なりますが、正社員のWebプログラマーになれば年収550万円〜600万円ほど稼ぐことができます。

また、管理職へキャリアアップしたり、フリーランスとして独立した場合には、年収1,000万円稼ぐ方も珍しくありません。

プログラミング言語は覚えることも多く難易度は高いですが、「稼ぐ」「年収をあげる」ことを目標にしている方は、Webプログラマーを目指すことをおすすめします。

HTML/CSS/Javascriptを学ぶなら

まとめ

HTMLとCSSの習得は「Web業界で働く第一歩」です。

HTML/CSSだけのスキルで将来的に安定した収入を得ることは難しいですが、習得自体は簡単であるため、まずはチャレンジしてみてくださいね。

Web関係で働く上で必須のスキルであるだけでなく、あなたの自信にも繋がりますよ。

【完全無料】プログラミングスクール5校+α

「独学でのプログラミング学習に挫折しそう。でもプログラミングスクールは学費が高い...」

ITエンジニアに必須の”Java”や、Web系開発に欠かせない"PHP"など、プログラミングをタダで学びたい方に【無料】のプログラミングスクール5校+αを紹介しています。

Ten

フリーランスプログラマー/SEです。プログラミング歴は7年ほど。
ブラック企業を辞め、現在在宅フリーランスとして活動中です。

Tenをフォローする
プログラミング言語
スポンサーリンク
プログラマー転職
タイトルとURLをコピーしました