就職・転職に強い!将来性あるプログラミング言語5選【2019年】

プログラマーになりたい初心者へ
とにかくIT職へ就職したい20代の方は ”0円の学校” で学ぶのがおすすめです

無料プログラミングスクール5校+α

プログラミング言語 ”Python” とは?難しい?Pythonプログラマー難易度・将来性・年収

プログラミング言語 ”Python” とは?稼げる?Pythonの将来性・難易度・年収まとめ プログラミング言語

プログラマーになるためにはプログラミングスキルが必要です。

そこで初心者向けのおすすめのプログラミング言語を調べてみると、

「これからPythonがくる」
「現役プログラマーが次に覚える言語はPython」
「Pythonには将来性がある」

このような情報をみかけるのではないでしょうか。

当ブログでも「これから伸びるプログラミング言語」のひとつとしてPythonをあげていますが、初心者にとっては、

「Pythonってどんなプログラミング言語?」
「Pythonで何ができるの?」

このように実際のところ、よく分からないという方も多いと思います。

今回は、プログラミング初心者でもわかるように、Pythonについて詳しくご紹介していきますね。

スポンサーリンク

Pythonとは

プログラミング言語 ”Python” とは?稼げる?Pythonの将来性・難易度・年収まとめ

Pythonは1991年に登場したプログラミング言語です。

InstagramやYouTubeなどの開発にも使われており、世界的に人気のあるプログラミング言語です。

またPythonは、少ないコードの記述のみでもプログラミングできる特性があります。

インデント(字下げ)が文法に含まれていることなどによって、プログラマーごとの記述の癖が出にくい言語であるため、非常にコードが読みやすいことが特徴です。

Pythonの詳しい特徴は下記になります。

Pythonでつくれるシステム

Pythonでつくれる代表的なシステムは、

  • AI(人工知能)
  • ビッグデータ分析
  • Webアプリケーション
  • Webスクレイピング

特に、AI(人工知能)はIT業界全体でも注目されている分野で、プログラミング言語ではPythonが1番よく利用されています。

また、ビッグデータ解析やWebアプリケーションを少量のコードで開発できるため、日本国内で需要が高まってきています。

Pythonは、最新技術に興味がある方や最新スキルを身につけたい方に、おすすめのプログラミング言語と言えます。

生涯プログラマーを続けたいならPython

今後A、I(人工知能)の発展によって、プログラマーの現在の仕事の一部が自動化されてしまう可能性があります。

プログラマーという職業自体がなくなる可能性は低いですが、その仕事内容はシステムエンジニアに近くなると考えられます。

しかしAI(人工知能)が人間の代わりにプログラミングをすることになっても、AI(人工知能)自体を開発するためのプログラマーは必要です。

AI開発で利用される言語であるPythonを習得していれば、将来も生涯プログラマーとして働くことができます。

Pythonの習得難易度

Pythonの言語習得は、比較的難易度が低いです。

予約語も少なく、誰がコードを書いてもほとんど同じ結果になるため、他プログラマーが記述したコードでも読みやすく勉強もしやすくなっています。

プログラミング初心者に最適

プログラマーを目指すうえで1番問題となるのは、プログラミングスキルを身につけるまでに挫折してしまうことです。
 
上述したとおり、Pythonは習得難易度の低く、比較的簡単な部類にあたるプログラミング言語です。

Pythonを独学できる書籍・e-ラーニング・プログラミングスクールなど学習方法の選択肢も多く、教材が豊富にあります。

入門書だけでなく、人工知能・ビッグデータ分析など専門性に特化した参考書も多いため、実践的な学習も可能です。

Python言語を学ぶなら

Pythonプログラマーの就職先

Pythonプログラマーの主な就職先は、下記になります。

  • Webサービス / Webコンテンツ開発
  • データ事業(データ分析)
  • AI(人工知能)開発

Web系の開発以外のデータ分析やAI(人工知能)に就職する場合は、高等数学の統計の知識も必要になります。

いずれも今後の需要や将来性が期待できる最新の分野です。

Pythonプログラマーは独立も可能

Pythonプログラマーなら、独立して生計をたてることも不可能ではありません。

Webコンテンツ制作など受注し、フリーランスプログラマーとして働くことはもちろん、Web情報収集ツールを開発し、在宅で働くことも可能です。

HTML/CSS/JavaScriptなどのフロントエンドの知識があれば、さらに収入を安定させられるため、独立する場合はWeb開発全般のスキルを身につけておくことをおすすめします。

HTML/CSS/Javascriptを学ぶなら

Pythonの需要・将来性

Pythonは今後も需要の拡大が見込める、将来性あるプログラミング言語です。

  • AI(人工知能)
  • ビッグデータ解析
  • Web情報収集

これらの飛躍的成長が見込めるIT技術は、全てPythonが大きなシェアをもっているためです。

プログラミング言語別の平均収入ランキングを確認しても、Pythonの需要が高まっていることがわかるでしょう。

Pythonは言語別平均年収ランキング上位

ここ数年のプログラミング言語別平均年収ランキングの第1位と第2位には、歴史が浅めの新しいプログラミング言語がランクインしています。

これはその言語がまだ新しく、専門のプログラマーの数がまだまだ少ないためです。

市場の需要とプログラマー(供給)のバランスによって、その年収が高くなっているということですね。

Pythonは登場から年月が経過しているにもかかわらず、言語別平均年収ランキングの第3位にランクインしています。

ここからPythonプログラマーは、IT業界で需要が高く、年収も高く設定されている言語だということが伺えます。

就職・転職に強い!将来性あるプログラミング言語5選【2019年】
新卒や第二新卒の20代の人であれば、未経験プログラマーとしての就職はそれほど難易度は高くありません。 ですが、未経...

Pythonプログラマーの年収

前述のとおり、プログラマーのなかでも、Pythonプログラマーになれば高い年収が期待できます。

プログラマーの平均年収は、410万円前後です。

それに対し、直近数年間のPythonプログラマーの平均年収は570万円〜650万円となっています。

これはプログラマーの上位職種であるシステムエンジニアの平均年収を上まわる年収です。

キャリアチェンジで年収をあげることも可能

プログラミング言語の種類に問わず、日本で生涯プログラマーとして働いていると、ある程度の年齢で昇給や昇格ができなくなります。

これは、日本国内のエンジニアの地位が、世界と比べて低くみなされているためです。

プログラマーやシステムエンジニアは、ある程度の年齢や経験を積んだ時点で、管理職へキャリアアップしなければ年収をあげることができません。

しかし管理職になると、これまでのエンジニア職と大きく業務内容が代わり、実際にプログラミングする機会が減ってしまうことになります。

プログラミングが大好き!という方のなかには、仕事の楽しみを失ってしまう方も少なくありません。

しかしPythonプログラマーとして実績を積むと、データ分析を扱うITコンサルタントなど、管理職以外へキャリアチェンジすることが可能です。

Pythonプログラマーには管理職に就く以外のキャリアの選択肢も多いため、技術職を続けたい人にとって大きなメリットがあります。

Python言語を学ぶなら

まとめ

ご紹介してきたとおり、Pythonはプログラミング言語のなかでも、特に将来性が期待されているプログラミング言語です。

AI(人工知能)などの開発には統計学の知識なども専門知識も必要になりますが、Python単体をマスターしただけでも、就職・転職出来る可能性は高いです。

どの言語学習をしようか悩んでいる初心者の方は、まずPythonを学習してみるのがおすすめですよ。

【完全無料】プログラミングスクール5校+α

「独学でのプログラミング学習に挫折しそう。でもプログラミングスクールは学費が高い...」

ITエンジニアに必須の”Java”や、Web系開発に欠かせない"PHP"など、プログラミングをタダで学びたい方に【無料】のプログラミングスクール5校+αを紹介しています。

Ten

フリーランスプログラマー/SEです。プログラミング歴は7年ほど。
ブラック企業を辞め、現在在宅フリーランスとして活動中です。

Tenをフォローする
プログラミング言語
スポンサーリンク
プログラマー転職
タイトルとURLをコピーしました