就職・転職に強い!将来性あるプログラミング言語5選【2019年】

プログラマーになりたい初心者へ
とにかくIT職へ就職したい20代の方は ”0円の学校” で学ぶのがおすすめです

無料プログラミングスクール5校+α

プログラミング言語”Swift”って何?難しい?Swiftプログラマー難易度・将来性・年収

プログラミング言語”Swift”って何?難しい?Swiftプログラマー難易度・将来性・年収 プログラミング言語

最近耳にすることも多いプログラミング言語「Swift」

すでにSwiftでシステム開発をしたことがあるプログラマーさんや、勉強中の方も多いかもしれませんね。

Swiftは今後プログラマーとして働く上で重要視されているプログラミング言語の1つです。

近年のプログラマー業界では下記プログラミング言語が人気ですが、

Swiftは上記プログラミング言語と並んで、その将来性や需要が期待されています。

今回はそんな注目の言語、Swiftについて詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

Swiftとは?Swiftでできること

Swiftは2014年に公開されたプログラミング言語です。

現在人気のプログラミング言語の中でも非常に新しいプログラミング言語で、AppleのiOSやLinux上で動作するアプリケーションを開発することができます。

アップル社が毎年開催しているイベント「Worldwide Developers Conference」で発表されて以来、その需要を増やし続けているプログラミング言語です。

Swiftで開発できるのはアプリ

Swiftで開発することができる、主なシステムは下記になります。

  • iPhone/iPadのアプリ
  • Macのアプリ
  • WatchOSアプリ
  • Webアプリ

Apple製品のアプリ開発でSwiftが使われることはご存知の方も多いと思いますが、上述のように、Apple製品だけでなくSwiftでWebアプリの開発も可能です。

SwiftでのWebアプリ開発においてはまだ需要が少ない状態ですが、フレームワークなども増えてきていますので、今後の需要は十分期待できます。

Swiftはスマホアプリ開発に不可欠な言語

近年、スマホアプリを開発するプログラマーが増えてきています。

趣味でスマホアプリ開発をするだけであれば、JavaでAndoroid向けアプリを開発しても問題ありません。

しかし「稼ぐ」ことを目的としたスマホアプリの開発をしたいのであれば、iPhone向けアプリの開発は不可欠です。

iPhoneなどのiOSで動作するアプリ開発をするためには、Objective-C、もしくはSwiftで開発する必要がありますが、現在iOSアプリ開発の開発はSwiftが主流になりつつあります。

スマホアプリエンジニアを目指す方にとっては、Swiftの習得の有無が収入に大きく影響するでしょう。

Swiftの習得難易度

プログラミング言語の勉強をする前に気になるのが、その習得難易度についてですよね。

結論から言うと、Swiftは数あるプログラミング言語の中でも比較的習得しやすいプログラミング言語で、難易度は低いといえるでしょう。

現在人気があり主要とされているプログラミング言語は、コードが読みやすく、短く、書きやすいことが重視される傾向にあります。

代表的なプログラミング言語としては、PythonGoがあげられます。

Swiftは登場が2014年ということもあり、JavaPythonなどの人気プログラミング言語の特徴を取り入れているため、初心者でも習得しやすいプログラミング言語になっています。

Windowsでも開発できるが、Macの準備がおすすめ

SwiftはMacで開発するのが一般的です。

実際には「Bash on Ubuntu on Windows」などのツールを使えば、WindowsでもSwiftの開発環境を準備することができます。

しかし、最終的に開発したアプリをAppleストアに公開する時には、Macが必要になります。

仕事でSwiftを使うのであれば、最初からMacを準備するのがおすすめです。

Swiftプログラマーの就職先

Swiftプログラマーの就職先について紹介していきます。

Swiftプログラマーの就職先のほとんどは、スマホアプリ開発会社です。

ただし、上述した通り、将来的にはWebアプリ開発など他の分野でも、その就職先が増えてくる可能性は大いにあります。

副業や、近い将来は独立も可能

現時点では残念ながら、Swiftのスキルだけでプログラマーとして独立して生計を立てるのは、他のプログラミング言語に比べて難易度が高いです。

しかし副業として無料アプリを開発し、広告収入を得ることは可能です。

もちろんアイディア勝負にはなりますが、当たれば一攫千金も夢ではありません(笑)

また急速にSwiftの需要が高まっていることから、近い将来、Swiftのスキルだけで独立できる日も遠くはないでしょう。

将来的にフリーランスとして働きたい方や、副業で広告収入を得たい方にSwiftはおすすめです。

ベテランプログラマーが少ない

他のプログラミング言語であれば、10年以上の実務経験を持つプログラマーはたくさんいますが、Swiftの場合は登場から年数が浅いため、ベテランのSwiftエンジニアが少ないのが現状です。

そのため実務経験がない未経験者でもSwiftプログラマーとして就職しやすいため、未経験者に非常におすすめのプログラミング言語と言えます。

Swift言語を学ぶなら

Swiftの需要と将来性

ここまでで何度か触れていますが、Swiftは人気急上昇中のプログラミング言語です。

求人数も当然ですが、年々増加し続けています。

IT業界自体が人材不足ですのでプログラマーの求人数自体が年々増えていますが、プログラミング言語別の求人数の増加をみても、Swiftは需要があるプログラミング言語の1つと言えます。

Swiftは将来性にも期待ができる

Apple製品の新規アプリ開発をするのであれば、Swiftを中心に開発されます。

iPhoneをはじめとして、現状Apple製品の需要が数年以内に無くなってしまうことは考えられませんよね。

結果として、Apple製品の需要がある限りSwiftの需要は期待できます。

Swiftエンジニアの年収

Swiftはプログラミング言語別の年収ランキングでも上位10位以内に入っており、年収の高いプログラミング言語と言えます。

具体的には、プログラマー全体の平均年収が420万円前後であることに対して、Swiftエンジニアの平均年収は、550万円前後と100万円以上高い結果となっています。

今後もApple製品やiPhoneアプリの需要から推測して、Swiftエンジニアの需要は益々高まることが期待できるため、その収入面から考えても、今習得しておくべきおすすめのプログラミング言語と言えます。

正社員で高年収を狙うなら今がチャンス

Swiftはまだ公開されてから年月が経っていないプログラミング言語ですので、需要に対するSwiftプログラマーの人材は不足しています。

つまり、プログラマーとして年収を上げたい方にとって、今がSwiftを学習するチャンスです。

これからもSwiftの需要は増えていきますが、Swiftプログラマーが増加することにより、年収は現在より下がってしまうことが予測されます。

Swiftはプログラミング言語としても習得しやすいため、興味のある方は今のうちに習得しておきましょう。

Swift言語を学ぶなら

まとめ

2014年の登場以降、急速にバージョンアップが行われているSwift。

プログラミング言語としてのアップデートも頻繁に行われており、需要も将来性もあります。

プログラミングを勉強したことがない未経験者の方にも、すでにプログラマーとして活躍されている方にもおすすめのプログラミング言語です。

【完全無料】プログラミングスクール5校+α

「独学でのプログラミング学習に挫折しそう。でもプログラミングスクールは学費が高い...」

ITエンジニアに必須の”Java”や、Web系開発に欠かせない"PHP"など、プログラミングをタダで学びたい方に【無料】のプログラミングスクール5校+αを紹介しています。

Ten

フリーランスプログラマー/SEです。プログラミング歴は7年ほど。
ブラック企業を辞め、現在在宅フリーランスとして活動中です。

Tenをフォローする
プログラミング言語
スポンサーリンク
プログラマー転職
タイトルとURLをコピーしました